「TAAF2022」授賞式開催 「呪術廻戦」「アイナナ」「エヴァ」の監督・プロデューサーらも登壇

2022年3月14日、「東京アニメアワードフェスティバル 2022」(略称:TAAF2022)の授賞式がとしま区民センターにて開催。本記事では、「アニメ オブ ザ イヤー部門」受賞者からのコメントや、コンペティション部門の受賞作品を紹介する。

アニメ オブ ザ イヤー部門


2020年10月1日~2021年9月30日に国内で上映・放送された446作品をリストアップし、一般のアニメファンのほか、日本のアニメーション制作者、関連企業、メディア、評論家、アニメショップなど業界関係者の合計486名が投票した。

<個人賞>アニメーター部門:松島晃


一昨年、昨年に続き三度に渡ってアニメーター賞に選んでくださり、誠に光栄に存じます。
一度だけでも信じられないことが三度も続いてしまうとは、今現在が自分の人生で一番最高潮の時なのでは、これからの先、もう良い事が起きないのではないかと少し不安になってしまいました。
このような栄誉にあずかる事が出来たのも、鬼滅の刃という作品を通して沢山の方に見て頂く機会を得ることができ、またユーフォーテーブルで働くスタッフ一人一人の努力が実を結び、作品が評価された事によるものだと思っております。
アニメ制作は自分一人の力ではどうにもならない事がたくさんあります。自分の力が及ばず苦しい事も多いですが、外崎監督をはじめとする現場のスタッフに支えられ、力を合わせながら一話数一話数を頑張って創り上げることが出来ました。
ユーフォーテーブルの仲間たちと共に、作品制作に携われる幸運に感謝致します。また、先日アニメ鬼滅の刃の続編制作も発表となりました。 ファンの皆様に喜んでいただける事を人生の糧として、これからも慢心することなく日々精進していきたいと思います。この度はアニメーター賞に選んで いただ き、本当に本当にありがとうございました。

<個人賞>美術・色彩・映像部門:寺尾優一


この度は、素敵な賞をいただいて大変嬉しく思っています。本当にありがとうございます。美しくて、美しくて…、つい心が動いてしまう映像を20年間業界に入ってから求めて来ました。最初の10年は、会社に泊まり込んで、仕事をしながら、研究を続けました。次の10年は、2Dと3Dのミックス、それにチーム作りに費やしました。そうこうしているうちに、いいチームがだんだん出来てきました。僕は本当にチーム、スタッフに恵まれたと思っています。本当に素晴らしいスタッフに囲まれています。そして、僕たちユーフォーテーブルが、大切にしていることの一つに、「作品」というものがあります。「作品がすべて」、「作品を大切につくりましょう」、そう思って、これまでずっと、全員が制作してきました。今この瞬間も、100人、200人のスタッフが、机やマシーンに向かって、作品を作っていることと思います。僕たちはアニメを作ることが本当に好きなんです。アニメ作 りに、人生をかける価値があると思っています。すごく楽しいことです。本当は、あまりこういう所に来ることはないのですが、僕たちが、本当にアニメが好きで頑張って作っていることを少しでも多くの人に知って頂く機会ができたらな、というのが大きかったです。「撮影職」という、ちょっと見えづらい仕事を発見して、評価してくださった方々に 御礼を改めて伝えたいと思います。今年はコロナもあって、なかなか集まることは難しいですけれども、来年はみんなでマスクを外して一堂に会することができるといいなと思いました。

<個人賞>音響・パフォーマンス部門:梶浦由記


この度は名誉ある賞を椎名豪さんと共にいただき、大変光栄に思っております。映像を音楽で彩るというのは大変幸福な仕事であると常日頃から思っておりますが、こうして賞として評価して頂けるときちんと自分の役割を果たせたのだなと新たな喜びが込み上げて参ります。これからも映像に寄り添う音楽を作れるよう精進して参ります。本当にありがとうございました。

<個人賞>音響・パフォーマンス部門:椎名豪


音響・パフォーマンス部門での個人賞受賞、ありがとうございます。大変嬉しいです。
音楽以外も含め作品に携わる全ての方々、そして、日々支えて下さる皆様のお かげでいただけた賞だと思っています。引き続きの応援、今後ともよろしくお願い致します。

<個人賞>原作・脚本部門:庵野秀明(代理:株式会社カラー アニメーションプロデューサー 杉谷勇樹)

 

<個人賞>監督・演出部門:庵野秀明(代理:株式会社カラー アニメーションプロデューサー 杉谷勇樹)



<アニメファン賞>『アイドリッシュセブン Third BEAT! BEAT!(第1クール)』監督 別所誠人


2年連続で受賞できるとは考えてもいなかったので、すごく嬉しいです。それも、これも、ファンの皆様の応援があればこそ、いただける賞なので、嬉しさはいっぱいです。そして、ファンの皆様の期待に応えられるよう、頑張ってくれるスタッフ、そう人たちも含めて、本当に感謝しています。
有難うございました。

<作品賞>TVシリーズ部門:『呪術廻戦』東宝株式会社 映像本部 映像事業部 プロデューサー 松谷浩明


この度は光栄な賞をありがとうございます。TVアニメの『呪術廻戦』は、芥見下々先生の原作の魅力 、そしてそれを、朴監督を始めとする、制作会社スタジオのMAPPAのみなさん、各セクションのスタッフのみなさん、キャストのみなさんが一丸となって取り組んで頂いて、最高のアニメーションになったからこそ、そしてその上で、委員会各社、関係各社の皆さんが作品を盛り上げようと一生懸命取り組んだ。その結果、これだけ多くの方に作品が届いたのではないかと感じています。このような光栄な賞をいただけたこと、これを携わったすべての方々、そして何より、この作品を見て楽しんでくださった皆様に、心から感謝申し上げます。先日、第2期の放送も発表されました。引き続きこういった賞をいただけたことを励みとして、関わる皆様で一生懸命盛り上げていければと思っており ます。

<作品賞>劇場映画部門:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』株式会社カラー アニメーションプロデューサー 杉谷勇樹


栄えある賞、ありがとうございます。この作品は、多くのスタッフやキャストの皆さん、多くの関係者のお力があって完成しました。アニメ業界の垣根を越えて協力いただいた 方々や、ずっと応援して下さったファンの皆様の力もあり、このような素晴らしい結果を迎えることができたと思います。改めて深く感謝させていただきます。
映画の公開が終わった頃、僕から庵野監督に「お疲れ様です」と連絡したことがあるのですが、それに対して、庵野監督からは「ありがとう。スタッフの皆さんのおかげです」という言葉が返ってきました。これは、映画が完成した時も、初号試写の時も同じことを言っていました。なので、本日、この場に来ることはできなかったんですけれども、もしここにいたら、同じことを言ったかなと思いますので代わりに私の口から感謝を述べさせて頂ければと思います。本当にありがとうございました。

アニメ功労部門/コンペティション部門


なお同日、「アニメ オブ ザ イヤー部門」の表彰以外にも、「アニメ功労部門」の顕彰、「コンペティション部門」の発表・表彰も実施。
「アニメ功労部門」ではアニメーション作家/プロデューサーの木下小夜子、プロデューサー/監督の森下孝三、アニメーター/キャラクターデザインの宮本貞雄、人形美術家の保坂純子、イラストレーター/画家/歌手/舞台女優の水森亜土、声優の飯塚昭三、原作者の川崎のぼるが顕彰し、7名の代表として川崎がコメント。

「コンペティション部門」豊島区長賞は伊藤瑞希監督の『高野交差点』、学生賞はペク・ギュリ監督の『HIDE AND SEEK』、短編優秀賞はZhou Haoran監督の『小さなカカシのものがたり』、短編グランプリはBastien Dubois監督の『語らない思い出』、長編優秀賞はCesar Cabral監督の『ボブ・スピット-人間なんてクソくらえ-』、長編優秀賞グランプリはMichaela Pavlátová監督の『マード 私の太陽』が選出された。
詳細は「TAAF」公式サイトまで。

「東京アニメアワードフェスティバル」公式サイト
https://animefestival.jp/ja/

[林洋平]