劇場版「鬼滅の刃」無限列車編、興行収入157億円に到達! 観客動員数は1,100万人突破

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(2020年10月16日ロードショー)の累計興行収入が約157億円に到達。累積観客動員数は1,100万人を突破した。

『鬼滅の刃』の原作は、吾峠呼世晴が2016年~2020年に「週刊少年ジャンプ」にて連載していた和風ダークファンタジー。
2019年4月~9月にTVアニメ全26話で“竈門炭治郎 立志編”が放送され、今回の劇場版では続く“無限列車編”が描かれた。

同作は、公開10日間で興行収入100億円突破という、日本で上映された映画史上の最速記録を達成。
公開3週目週末となる10月31日は観客動員887,893人・興行収入1,212,312,550円、11月1日は観客動員1,140,390人・興行収入1,286,354,600円を記録した。
現在、全国411館(IMAXシアター38館含む)で、計11,891,254人・累計興行収入15,799,365,450円に到達している。

[小野瀬太一朗]

公式サイト:https://kimetsu.com/anime/