サンリオとエイベックス・アジア、合弁会社設立に合意 東南アジア地域でライセンスビジネス拡大を目指す

株式会社サンリオとAvex Asia Pte. Ltd.(以下:エイベックス・アジア)が、サンリオが保有・新規開発するキャラクターを活用したライセンスビジネスに関する分野において、東南アジア地域を管轄する合弁会社をシンガポールに設立することを合意した。

サンリオは、海外事業の中でもアジア地域のライセンスビジネス強化を目指し、特に成長著しい東南アジア地域での営業強化を模索。
そしてエイベックス・アジアは、日本のコンテンツを総合的に広げていくことを目的に設立され、アジア地域においてエイベックスの保有するIPのみならず、様々なIPを活用したイベント開催やグッズ販売などのライセンスビジネスを行ってきた。
 
エイベックス・アジア ロゴ

 

今回、両社は東南アジア地域におけるライセンスビジネスの拡大を目的に合弁会社を設立。
サンリオのキャラクタービジネス経験・ノウハウ、キャラクターブランド力等と、エイベックス・アジアが保有するビジネス経験・ノウハウ等を活用し、サンリオが保有・新規開発するキャラクターの価値最大化を図り、同地域での両社の事業展開を進めていく。
将来的には、エイベックスが保有するIPとサンリオが保有・新規開発するキャラクターのコラボレーションなどの展開も検討しているという。

■合弁会社の概要(予定)
【名称】
SANRIO SOUTH EAST ASIA PTE. LTD.(読み:サンリオ サウスイースト アジア)
【所在地】
3 Fraser Street #05-21, Duo Tower Singapore 189352
【代表者の役職・氏名】
代表取締役会長:辻 朋邦(サンリオ 代表取締役社長)
代表取締役会長 CEO:高橋 俊太(エイベックス・アジア 代表取締役社長)
【設立予定】
2020年11月2日
【営業開始予定】
2021年1月
【事業内容】
東南アジア地域(シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ブルネイ)におけるサンリオグループが保有するキャラクターを活用するライセンスビジネス
【資本金】
2,000,000USドル
【株主構成】
サンリオ 70%、エイベックス・アジア 30%

[CHiRO★]