「TAAF2020」新型コロナの動向鑑み開催中止へ コンペティション部門は代替審査を検討中

アニメーション作品の振興を目的とした国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2020 (TAAF2020)」が、2020年3月13日~16日に予定していた全プログラムについて、開催を中止することがわかった。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向を鑑み、感染拡大の防止および来場者の安全を最優先した判断となる。

これは「TAAF2020」の公式サイトほかにて3月2日に発表されたもの。コンペティション部門については「会期中に予定していた審査の代替について現在検討しており、受賞者を決定次第発表いたします」としている。
また“ノイタミナ”の15周年を記念して、ファン投票により選出された3作品を上映するプログラムも予定していたが、これも結果発表のみ公式サイトにて行う運びとなった。

なお各種チケット代金については払い戻しが実施される。期間や方法については公式サイトまで確認を。

[仲瀬 コウタロウ]

「東京アニメアワードフェスティバル2020 (TAAF2020)」公式サイト
https://animefestival.jp/ja/