「京まふ2018」総来場者数41,700人を記録 実行委員会委員長・松谷孝征からコメントも

「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2018」

2018年9月15日&16日の2日間、みやこめっせ、京都国際マンガミュージアムほかにて開催した、マンガ・アニメイベント「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2018」。今年は総来場者数41,700人と、昨年を上回る記録を達成。実行委員会委員長・松谷孝征は「京都だからこそできる取り組みが年々増えていることを大変うれしく思います」とコメントを寄せた。

京都発、西日本最大のマンガ・アニメイベントである「京まふ」。みやこめっせ会場の出展ゾーンでは、グッズ販売はもちろんのこと、原画展示やワークショップ、ミニイベントなど個性豊かな出展ブースが会場を彩った。

みやこめっせ出展ゾーン

また、ロームシアター京都サウスホールとみやこめっせB1Fにて開催されたステージでは、トークショーやラジオ公開収録、ライブなど、過去最多26プログラムを実施。京都国際マンガミュージアム会場内での企画展やトークショー、ファミリー向けイベント開催を含め例年以上の盛況ぶりを見せた。

京まふ ステージの様子

総来場者数は結果として昨対比122%を記録。年々「京まふ」ブランドが高まっていることを証明した。

松谷は「多くの出展者、来場者の皆様に支えられ、7回目の開催となった京まふ。昨年同様、天気だけが心配でしたが、初日の朝早くから多くの方に足を運んでいただき、今年も盛況のうちに終了しました」とコメント。続けて「1200年もの歴史あるここ京都で、最新のマンガ・アニメを扱う本フェアがすっかり定着したことに加え、京都だからこそできる取り組みが年々増えていることを大変うれしく思います。今後とも、多くの出展者・来場者の方々のご協力を得て、マンガ・アニメの魅力を京都から発信してまいります」と今後の意気込みを露わにした。

総来場者数:41,700人(昨対比122%)
※内訳
みやこめっせ:30,183人(昨対比106%)
その他   :11,517人(昨対比205%)
※京都国際マンガミュージアム及びファミリー企画等を含む

[MoA]
公式サイト
http://kyomaf.kyoto/