「レイアウトを戻す」を押すとサイトのレイアウトが初期状態に戻ります。閉じたり、表示を伸ばしたりしていたカテゴリーやウェジェットが初期状態に戻ります。

レイアウトを戻す

ジャンル

アニメーション企画でAmazonと協業する日本企業 ドワーフやポリゴン・ピクチュアズが新たな取り組み
アニメーション企画でAmazonと協業する日本企業 ドワーフやポリゴン・ピクチュアズが新たな取り組み

2016年6月、Amazonプライム・ビデオにて日本のアニメーションスタジオが参加するオリジナルアニメーション企画が相次いで明らかになった。 ドワーフやポリゴン・ピクチュアズが新たな取り組みをする。...

記事全文

同じカテゴリーの記事(+-で記事数可変)

メディア

エイベックスが目指すアニメ配信ビジネス dTVとアニメタイムズが切り拓く新たな市場
エイベックスが目指すアニメ配信ビジネス dTVとアニメタイムズが切り拓く新たな市場

映像配信サービスが急激に普及を見せる中で、とりわけパワフルなサービスが、NTTドコモが提供、エイベックス通信放送が運営する「dTV」である。2015年4月、「dビデオpowered by BeeTV」をリニューアルしたも […]...

記事全文

同じカテゴリーの記事(+-で記事数可変)

レポート

アニメ「Force of Wil」企画発表 フランスの国際見本市で大きな関心
アニメ「Force of Wil」企画発表 フランスの国際見本市で大きな関心

世界的なヒットトレーディングカードゲーム(TCG)の劇場映画『Force of Will the Movie』が、海外でも大きな注目を浴びている。...

記事全文

同じカテゴリーの記事(+-で記事数可変)

社会

「あにめたまご2017」、アニメ制作4団体・作品が決まる 今年も若手アニメーターを育成
「あにめたまご2017」、アニメ制作4団体・作品が決まる 今年も若手アニメーターを育成

アニメーション文化と産業の振興を目的に2010年度から文化庁が実施する若手アニメーター育成プロジェクトが今年も実施される。...

記事全文

同じカテゴリーの記事(+-で記事数可変)

海外情報

ヒラリーの最大スポンサー ハイム・サバンの軌跡 最終回 パワーレンジャーが日本で注目されない理由
ヒラリーの最大スポンサー ハイム・サバンの軌跡 最終回 パワーレンジャーが日本で注目されない理由

豊永真美:[パワーレンジャーとハイム・サバンが日本で注目されない理由]■メディアも扱いに苦慮■クールジャパン政策でも無視?■ サバンの政治的な動きには関心なし?■サバンを知ることは大事...

記事全文

同じカテゴリーの記事(+-で記事数可変)

コラム

ヒラリー・クリントンの最大スポンサー –日本アニメ・特撮で成り上がった男:ハイム・サバンの軌跡-1-
ヒラリー・クリントンの最大スポンサー –日本アニメ・特撮で成り上がった男:ハイム・サバンの軌跡-1-

豊永真美 [フランスで始まったサバンのキャリア-音楽を通じて日本を知る] ■音楽が開く日本の扉...

記事全文

同じカテゴリーの記事(+-で記事数可変)