アメコミ「兎用心棒」のVR体験型展示イベントが開催決定 著者トークショーやサイン会も

京都国際マンガミュージアムは4月15日から5月7日にかけて、VR体験型展示イベント「スタン・サカイの世界 ~兎用心棒:二条城・忍者道場篇~」を開催する。このたびその関連イベントとして、初日の4月15日13時よりスタン・サカイ氏を招いてのトークショーを行うことが決定した。サカイ氏によるライブドローイングやサイン会も実施される。

30年以上続く『兎用心棒』は、世界14ヶ国で翻訳本が出版されているアメリカン・コミックである。『のらくろ』や『名探偵ホームズ』、『ズートピア』のようなジャンルに位置づけられる動物擬人化作品だ。
同作は17世紀の江戸時代を舞台に、君主を失った浪人・宮本兎が旅をしながら成長していくサムライ物語を描いており、作中には黒澤明や稲垣浩などによる日本の時代劇映画ほか、神話や妖怪モノなどへのオマージュが含まれる。日本の歴史や文化を丹念にリサーチして描かれているエピソードも多く、漫画界のアカデミー賞と呼ばれるアイズナー賞などに輝いたほか、大学の日本史教材としても活用されている。

このたびの展示は、京都のCG制作スタジオ「x10studio」がサカイ氏の許諾と監修を受け制作した『兎用心棒』のVRコンテンツを取り上げるもの。
初日に開催されるイベントでは、京都における時代劇文化発信の一翼を担う森脇清隆氏が聴き手を務め、サカイ氏による「『兎用心棒』の魅力」と題したトークショーを実施。その後は和室へ移動し、サカイ氏によるライブドローイングとサイン会、質疑応答が行われる。またVR体験では、「猫忍者道場ゲーム(体験版)」と「江戸時代の二条城体験」の2種類が用意されている。

「スタン・サカイの世界 ~兎用心棒:二条城・忍者道場篇~」は、京都国際マンガミュージアムにとって初の「マンガ×VR」体験イベントとなる。人気のアメリカン・コミックと最新技術の融合を、ぜひ楽しんでみたい。
[仲瀬コウタロウ]

アメコミ『兎用心棒』の魅力
日時: 2017年4月15日(土)13:00~17:00
(VR体験のみは4月16日~5月7日の土・日・祝 10:30~17:00)
会場: 京都国際マンガミュージアム
費用: 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
定員: 30名(先着順/事前申込み不要)
※VR体験希望者の方には12:30から整理券を配布致します。先着順となりますので、希望者多数の場合は、VR体験ができない場合もありますこと予めご了承下さい。