VIZメディア 「MONSTER」などをMIPCOMで販売

10月5日からフランスのカンヌで始まった国際番組見本市MIPCOMが始まっている。世界最大級の番組見本市には、日本のテレビ番組やアニメを紹介する企業も多数参加する。そうした企業のうち海外で日本のマンガ・アニメを扱う大手企業VIZメディアとその関連会社VIZメディア・ヨーロッパ

「NARUTO 疾風伝」 米国ディズニーXDで放映 CNから移動

米国のマンガ・アニメの流通会社であるVIZメディアは、今年10月初めから米国の少年向きの専門チャンネル ディズニーXDで『NARUTO 疾風伝』のテレビ放送を開始すると発表した。これまでのシリーズ前作にあたる『NARUTO』は、2005年より米国のカートゥーンネットワークで放映されてきた。今回の決定で、放送局を移動したことになる。

小学館と集英社、小プロ 仏・独の有力日本アニメ企業買収

小学館、集英社、小学館集英社プロダクションの3社は、フランスとドイツの日本アニメ専門企業2社を買収した。フランスではアニメ流通大手のKAZE、そしてドイツでもドイツ語圏大手のアニメ流通会社アニメ・ヴァーチャルを子会社化した。

VIZ サンフランシスコに日本文化発信拠点 8月15日オープン

VIZ Mediaのグループ会社VIZ Picturesがプロデュースする日本ポップカルチャーの発信拠点「NEW PEPOLE」が、サンフランシスコのジャパンタウンに8月15日にオープンする。
 「NEW PEPOLE」は、日本の多様なポップカルチャーの紹介とジャパンタウン活性化を目指した大型プロジェクトである。日本の文化を紹介する施設はニューヨークやロサンゼルスにもあるが、ポップカルチャーをメインにするのは初めてだ。

小プロに集英社出資 小学館集英社プロダクション誕生 

日本のマンガ出版を代表する2つの出版社小学館と集英社が、キャラクター・コンテンツ事業で提携する。小学館の子会社でキャラクター事業を行う小学館プロダクションに集英社が出資し、新たに小学館集英社プロダクションに生まれ変わった。