講談社USA 「AKIRA」「攻殻機動隊」を北米で発売

今年10月から講談社は、北米でのマンガ出版をいよいよスタートさせた。同社の米国現地法人である講談社USA(KODANSHA USA)と講談社USAパブリッシング(KODANSHA USA PUBLISHING)は、大友克洋さんの『AKIRA』、士郎正宗さんの『攻殻機動隊』をこの10月に発売した。

米国ピッツバークで新たなコミックス美術館が独立 AKIRA展開催も

今年11月、米国ピッツバーグに、独立した施設を持つ新たなカートゥーン(コミックス、グラフィクノベル、アニメーション)のための美術館が出来る。この美術館は、ピッツバークにあるToonSeumで、現在は同地の子供博物館(Children’s Museum)に同居している。

北米アニメ映像ビジネス 明暗分けた「AKIRA」と「らき☆すた」

長期低落傾向が続くDVDやBlu-Ray Disc(BD)などの映像パッケージビジネスを中心に、相変わらず北米の日本アニメの業界には暗いニュースが続く。そうした中で久々に、明るいニュースが伝わってきた。
 2月19日付けのICv2のニュースによれば、