アジアコンテンツビジネスサミットに布川、丸田両氏ら

アジア・コンテンツ・ビジネスサミットのプログラム概要が発表された。また当初は、映画、テレビ映像、アニメを15日としていたが、映画セクションが拡大され、アニメセクションは16日に移された。
プログラムは日本を含めた世界7カ国・地域のメディアコンテンツの行政担当者による会議・共同声明宣言の採択と、各国を代表するメディア関連企業のエグゼクティブによるシンポジウム

韓国アニメ「ロボット・テコンV」など2本 名古屋で上映会

韓国映画を日本に広く紹介するシネマコリアでは、11月7日に「シネマコリア2009 ~韓国古典アニメ特集~」と題した上映会を愛知芸術文化センターで行う。1960年代、70年代に製作された韓国の劇場アニメーションを紹介する。今回上映されるのは、韓国初の劇場アニメーションである『少年勇者ギルドン』と1976年に製作された『ロボット・テコンV』

米国マンガエンタテインメント 韓国企業とアニメ共同制作

米国の日本アニメ流通会社の大手として知られるマンガエンタテインメントは、新たにアニメ制作に乗り出す。制作される作品は『アイアン キッド』と題された男児向けのアクションヒーローのテレビ番組。

ソフトバンクG 韓国オンラインゲーム会社買収

韓国の大手オンラインゲーム企業Gravityは、同社の大株主で取締役であるキム・ジュンユル氏とその家族、資産管理会社が同社の株式の52.4%にあたる所有株全てを日本の会社EZER INC、テクノグルーブ、アイジアングルーブに売却すると発表した。