東京国際ブックフェアと電子出版 デジタルが牽引した見本市

第19回東京国際ブックフェアは、出版の未来を考えるうえで興味深いイベントだった。会場となったビッグサイトは、大勢の来場者で賑わった。主催者のリードエグジビジョンの発表によれば世界30カ国から1200社

電子書籍で熱いブックフェア マンガは電子化支援に注目

東京国際ブックフェアが、7月8日から11日まで東京ビッグサイトで開催された。例年大きな盛り上がりを見せるブックフェアであるが、今年の夏の盛り上がりはこれまで以上 マンガ出版の存在感が薄いのも同様だ。マンガ書籍の出展は、集英社、角川グループパブリッシング、そして手塚プロダクションなど数社