北米のマンガ事情 第15回 北米で日本マンガは今でも人気なのか -1- by 椎名ゆかり 

[椎名ゆかり]文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第15回「北米で日本マンガは今でも人気なのか - 北米のマンガ人気と“クール・ジャパン”」 PART1 ■北米マンガ市場の現状 ■ 北米でマンガは今でも人気があるのか?

北米のマンガ事情第13回 MANGAの描き方を学ぶ アメリカでの需要 PART2

今回、「アニメ・エキスポ」で「マンガの描き方」ワークショップを開きたいと考えたのは、以前から日本のマンガのスタイルでマンガを描くことに対する現地のファンの興味の高さを感じていたからである。

北米のマンガ事情第13回 MANGAの描き方を学ぶ アメリカでの需要 PART1

今回のコラムではその「アニメ・エキスポ」内で筆者が主催者のひとりとして行った「マンガの描き方」ワークショップについて簡単にご報告させていただき、マンガの描き方を学ぶことに対するアメリカでの需要について考えてみたい。

北米のマンガ事情第11回 現地化に伴う変更・編集について考える 

第11回オリジナルに忠実な形の現地化を求める海外のファンたち : 現地化に伴う変更・編集について考える、■ 椎名ゆかり <現地化の際に行われる変更・編集>  <ファンの声に耳を傾けることの意味> <文化的違いによる受容の違い>

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情- 第3回「2010年 北米マンガ業界10大ニュース」

1.manga売上3年連続の大幅減少/2.スキャンレーション対策で日米マンガ出版社共同声明発表/3.出版社4社がマンガ事業から撤退、1社が参入/4.北米最大手manga出版社VIZ Mediaが社員40%を解雇

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情-第2回「北米でmangaは何を指しているのか」

「北米でmangaは何を指しているのか」アメリカでmangaという言葉が既に一般化し、外来語として辞書に掲載されるようになってきたことは知られているが、そもそも日本で言う「マンガ」とアメリカでの「manga」は同じものを指しているのだろうか。