「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」‐後編‐<アメリカで歴史の中に“発見”された手塚治虫>

[椎名ゆかり]輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第27回 「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」<アメリカで歴史の中に“発見”された手塚治虫>

北米のマンガ事情第27回 「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」‐中編‐<アメリカでの『鉄腕アトム』マンガ>

[椎名ゆかり] <アメリカでの『鉄腕アトム』マンガ> アメリカで出版された最初の手塚作品は1995年の『アドルフに告ぐ』である。その後、『ブラック・ジャック』『火の鳥』『鉄腕アトム』と続くが、『鉄腕アトム』が出版されたのは、2002年。

北米のマンガ事情第27回 「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」‐前編‐

[椎名ゆかり]  「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」‐前編…今回は米国における手塚の受け止められ方をアニメとマンガのふたつの側面から追っています。

「海のトリトン」「ユニコ」など 米国ソーシャル資金調達利用で英語翻訳実現へ

日本マンガの翻訳出版社デジタルマンガ(Digital Manga, Inc.)は、インターネット上で運営されるソーシャル資金調達のKickstarterを利用した手塚治虫のマンガ3作品『ユニコ』、『アトムキャット』、『海のトリトン』の翻訳資金の確保を試みた。