京都国際マンガ・アニメフェア、2013年は規模拡大開催 ジャパンエキスポと提携も

2012年初開催された京都国際マンガ・アニメフェスティバル(通称:京まふ)は、期間中約24000人を動員する成果を収めた。西日本最大のマンガ・アニメの総合イベントとして一躍注目を浴びることになった。2013年も引き続き 京まふ が開催されることになった。

京都でマンガ家発掘 トキワ荘プロジェクト、京都国際マンガ・アニメフェアで出張企画

マンガ家志望者を支援するトキワ荘プロジェクト」が、9月21日(金)、京都国際マンガ・アニメフェアのビジネスデーにおいて、京都版トキワ荘事業として「マンガ出張編集部」を開催する。関西でのマンガ家発掘と育成支援を目指す。

京都でマンガ・アニメ総合見本市 9月開催、産官学が協力

2012年秋に、マンガ・アニメを核とした総合見本市が京都市で開催される。4月11日、東京・秋葉原で、京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会と京都市により、「京都国際マンガ・アニメフェア2012」の開催説明記者会見が行われた。
発表には、門川大作・京都市長、

サンリオ×立命館 サンリオが語る新キャラWish me mell

サンリオが立命館大学で新キャラクターWish me mellを中心に同社のキャラクタービジネスについて講演。CAP0 株式会社サンリオは、京都の立命館大学衣笠キャンパスにて、6月3日、同社の新キャラクター、Wish me mellを中心にキャラクタービジネスについて講演をおこなった。

歴史エンターテインメント新潮流で語られた『刀語』の伝染力

講演の最後を飾ったアニプレックス『刀語』、鳥羽洋典プロデューサーの講演を中心にリポートする。京都の東映太秦映画村で12月11日、クリエイターズサミット②「歴史エンターテインメント新潮流」がおこなわれた。