来場者161万人の中国国際アニメフェアでクリエイティブパワーが爆発

来場者161万人の中国国際アニメフェア(中国国際動漫節)で中国のクリエイティブパワーが爆発。中村彰憲立命館大学 映像学部 准教授。今年で第6回目を迎える中国国際アニメフェア(中国国際動漫節、以下、アニメフェア)。これまでと同様に今回も、中国版ゴールデンウィークとも言える労働節のある4月28日~5月3日に杭州にて開催された。これまで一貫して来場者数が増加してきたが、

タカラトミー 中国でプラレールのローカライズド版発売

玩具大手のタカラトミーは、同社の定番商品である鉄道玩具「プラレール」のローカライズド版を商品化した。中国の高速鉄道列車「CRH2型 和諧号」をモデルに開発した「CRH2型 和諧号 ベーシックセット」と「CRH2型 和諧号 スタートセット」を発売する。

角川G 中国で現地企業と合弁 アニメ・マンガ・ラノベ展開

角川グループは、中国でのエンタテイメント・コンテンツ事業に本格的に乗り出す。角川グループホールディングス(角川GHD)は100%出資の香港現地法人角川ホールディングス・チャイナを通じて、今年5月に中国企業と合弁で広州市に新会社を設立する。

マッドハウスが語る中国アニメビジネス DCAJセミナー

中国のアニメ市場は、現在、日本企業が参入するには最も難しい海外市場のひとつである。同時に、その大きさ、成長性から、日本企業が最も注目している市場でもある。参入したいけれど難しい、こうした状況を打開する手がかりを提供するビジネスセミナーが、2月3日、都内で開催された。

東映アニメ ユニクロと海外でコラボ アニメのアパレルで

東映アニメーションは、国内大手のアパレルチェーン ユニクロと海外向けのキャラクターアパレルで協力する。両社は東映アニメーションが製作してきた人気アニメのキャラクターをTシャツにして、北米、ヨーロッパ、アジアの世界3地域で発売をすることで合意した。

イーブック 台湾で電子書籍ビジネス開始 大陸進出も視野

国内最大手の電子書籍販売サイトのeBookJapanが、台湾に進出する。eBookJapan を運営するイーブック イニシアティブ ジャパンは、2009年11月19日に現地で設立されたeBookTaiwanに出資を予定し、中華圏での電子書籍販売ビジネスを展開する。

サンライズ等を詐称する団体 日本への就職斡旋資料流布

アニメ製作会社のサンライズとガイナックスは、自社の公式サイトにて、複数の日本アニメーション製作会社のロゴマークを無断使用したアニメーション研修プログラムを紹介する中国語の資料が出回っていることについての注意を呼びかけている。