任天堂 裸眼で見える3D映像向けの携帯ゲーム機発売

大手ゲーム会社の任天堂は、2011年3月末まで3D映像に対応した携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」(仮称)を市場に投入することを発表した。「ニンテンドー3DS」は、2009年末までに全世界で1億2500万台を発売した「ニンテンドーDS」シリーズの後継機種となる。