動画革命東京 アニメフェアで新作4作品初公開

動画革命東京とシンクは、3月25日から開催される東京国際アニメフェア2010の会場でその最新の活動成果を披露する。ビジネスデーにあたる3月26日13時半から記者発表会を、16時半からは「動画革命東京の最新作上映と事業報告」と題したシンポジウムを行う。

「センコロール」宇木敦哉監督、立命館大学で語る

立命館大学映像学部は、9月5日、「キャリアビジョン形成セミナー『センコロール』に見る個人制作アニメからメジャーデビューをする方法」と題し、同作品の試写会ならびに関係者によるトークショーをおこなった。
『センコロール』は講談社アフタヌーン四季賞にて四季大賞を受賞した宇木敦哉氏が個人で制作した30分の劇場用アニメーション。現在、東京の池袋テアトルダイヤ、並びに大阪のテアトル梅田で公開中だ。