アヌシー2010開催(後編) 日本作品も活躍した短編部門

アヌシー2010、50周年記念開催(後編)日本からの作品も活躍した短編部門 アヌシーの華、短編部門賞では、グランプリのクリスタル賞はオーストラリア/イギリス合作、アンドリュー・ルヘマンとショーン・タン共同監督の『The Lost Thing(忘れ物)』、日本からの短編出品は増え、

ゴブランとアヌシー連携 3DCGアニメーション教育開始

ゴブラン・スクール・オブ・ビジュアル・アート(GOBELINS, School of Visual Communication)が、アヌシー国際アニメーション映画祭と手を組んで3DCG専門のアニメーター教育に乗り出す。ゴブラン校は2010年9月から、アヌシー映画祭を運営するCITA(City of Moving Images)と連携した3DCGアニメーターの教育コースをスタートする。
 伝統的なアニメーション制作教育で知られたゴブラン校だが、