TV「ワンピース」好調 4/11過去最高視聴率13.8%

劇場映画、単行本発売とその快調ぶりが際立つ『ONE PIECE』が、テレビ放映でも人気絶好調のようだ。2010年4月15日にビデオリサーチが発表した4月5日から11日の週間高世帯視聴率番組によると、4月11日に放映された第446話の視聴率が13.8%に達していることが明らかになった。

JVA09年映像パッケージ出荷額2740億円 前年比4.2%減

日本映像ソフト協会(JVA)は、3月10日に記者発表を行い2009年JVA統計調査の結果を発表した。統計調査によれば、JVA加盟の正会員企業による映像ソフトパッケージの出荷段階の総売上げは2739億6300万円である。これは前年比で4.2%の減少となる。

2009年映像ソフト売上げ前年比6.4%増 アニメ・特撮堅調

1月22日にオリコンが発表した2009年(2008年12月29日~2009年12月27日)の映像ソフト(DVD、Blu-Ray Discなど)市場のマーケットレポートによると、昨年の国内の映像ソフト市場は2737億円となった。2008年の数字を6.4%上回る好調なものとなった。

正月にオタクカルチャーの未来を占う特番「O-Japan戦略」

そうしたなかでオタクカルチャーを切り口に、日本文化と経済を語る特集番組「遠藤諭の「O-Japan戦略」 ~2015年、オタクはどうなる?」が、TOKYO MXで放送される。1月2日22時から23時までたっぷり1時間、「オタク」、「Cool Japan」、「カワイイ」などの言葉で世界から注目されるオタクコンテンツの輸出などについて語る。

JETRO 中国の日本産コンテンツデータ2009年第2Qアップ

日本貿易振興機構(ジェトロ)は、「中国における日本産コンテンツの放映・上映・発売状況等データ」の2010年第2四半期版を公式サイトに公開した。同レポートは、公式発表データが少ない中国のコンテンツ市場の最新の動向を把握するために定期的にまとめられている。

アニメーター労働白書2009 JAniCAが12月30日発行

日本のアニメーター・演出家のための同業者団体である一般社団法人日本アニメーター・演出協会(JAniCA)は、12月30日に『アニメーター労働白書2009』を発行する。『アニメーター労働白書2009』は2008年末から2009年にかけて、JAniCAが行ったアニメーター・演出の実態調査をまとめたものである。