アニメーション神戸賞 「東のエデン」や「けいおん!」主題歌が受賞

9月4日、神戸市は、今年で14回目を迎えるアニメーション神戸賞7部門の受賞者と受賞作品を発表した。このうち劇場部門、テレビ部門、ネットワーク部門の各作品賞は、それぞれ『ウォーリー』と『東のエデン』、『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱&にょろーん☆ちゅるやさん』が決定した。

菅野よう子、渡辺信一郎、神山健治、佐藤大 浜松でシンポジウム

文化庁メディア芸術祭は10月30日から11月3日までの5日間、「文化庁メディア芸術祭浜松展」を静岡文化芸術大学で開催する。イベントは毎年開催される文化庁メディア芸術祭の成果を国内外に広く紹介する活動のひとつである。今回は開催地

同人ゲームのシナリオ制作がテーマ 秋葉原で講演会

同人ゲームの魅力を生み出すゲームシナリオの作成技法について、制作者が自ら語る講演が9月12日に東京・秋葉原で行われる。IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本)の同人・インディーズゲーム部会(SIG-Indie)が開催する第3回研究会「シナリオ作成技法とメイキング」である。

コンテンツメディア戦略やCGソフト専門スキル ダイキンが3セミナー

 映像関連のサポート事業を行うダイキン工業は、8月後半から9月にかけて3つの大型セミナーを開催する。9月7日に開催される「DAIKIN Presents Digital Contents Day 2009」、8月31日の「スキルアップセミナー~キャラクタポージング~」、9月29日の「セミナーレンダリングマイスターコース」である。

劇的3時間に名越稔洋さん、弘兼憲史さん ゲーム・マンガから

時代のトップを走るプロフェッショナルが自ら演出した3時間で自身を語る「劇的3時間SHOW」、今年の出演者の最終第3陣が発表された。今回発表されたのは、ゲームクリエイターの名越稔洋さん、マンガ家弘兼憲史さん、そして歌舞伎俳優の市川亀治郎さんである。

国内学生のアニメーション作品一同に ICAF2009東京と京都で

国内の大学や専門学校など、アニメーションの教育機関で学ぶ学生の作品を一同に紹介するインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2009が、9月に東京と京都のふたつの会場で行われる。
東京会場は9月11日から14日まで新国立美術館で、京都では京都国際マンガミュージアム

スクエニのアニメ事業が語られる 劇的3時間SHOWに田口浩司氏

 JAPAN国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)2009のオリジナルイベントとして、2007年、2008年に好評を博した「劇的3時間SHOW」が2009年も開催される。劇的3時間SHOWは、コンテンツ分野のプロフェッショナルが、3時間を自由に使って若者に語りけるライブイベントだ。

東京ゲームショウにコ・フェスタ連動企画 ゲストに名越氏、日野氏

日本のコンテンツ、クリエイティブ産業のイベントを統合するJAPAN国際コンテンツフェスティバル2009(コ・フェスタ)がこの秋開催される。
数多くの大型イベントからなるコ・フェスタだが、9月24日から27日まで行われる東京ゲームショウ2009は特に大きなイベントだ。期間中、国内外から20万人近くものゲーム関係者とファンが集まる。

SIGGRAPH2009が開幕 「CR 宇宙戦艦ヤマト」や2D作品も

8月3日から7日まで、アメリカのニューオーリンズでSIGGRAPH2009が開催される。SIGGRAPHはシンポジウムなど学術的なものを中心としたCGの祭典としても知られるが、実際にはVR(仮想現実)からガジェット的なものまで扱うメディアアートのイベントとなっている。

DC EXPO2009開催 10月にお台場で デジタルコンテンツ一同に

音楽、映画、ゲーム、アニメ、そしてCGまで、多くのメディア表現方法は現在なんらかのかたちでデジタル化されている。そうしたなかで最新のデジタルコンテンツを集めた大型イベント「DIGITAL ONTENT EXPO 2009(デジタルコンテンツエキスポ2009)」

コンテンツセミナーのTCDS 8月グランドオープン23講座で

この春より、新しいかたちのコンテンツセミナーとして始まっている東京 ディストリビューション・オブ・コンテンツ セミナー(TCDS)が、8月3日よりグランドオープンする。TDCSは、映画、アニメ、出版、ゲームといったエンタテインメントコンテンツを製作、制作、流通の3つのプロセスに分類して、