「劇場版 銀魂」興収10億5000万円 当初目標の倍に

4月24日に公開をしたアニメ映画『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』の興行成績が好調である。7月2日に行なわれたテレビ東京の社長定例会見で明らかになったところによると、『劇場版 銀魂』は、客動員およそ87万人、興収は10億5000万円

日本映像国際振興協会 7月より公益財団法人ユニジャパンに移行

国内の映像文化と産業の振興、海外への発信をする財団法人日本映像国際振興協会が、2010年7月1日付で公益財団法人へと移行した。また、名称も新たに公益財団法人ユニジャパンと変更された。これまで団体の通称として使用されてきたユニジャパンが正式名称となる。

米国映画大学院留学のプロデューサー支援 経産業省が

経済産業省は本年度より、映像コンテンツのプロデューサーを目指す若者の米国フィルムスクール(映画大学院)への留学支援プログラム「有望若手映像等人材海外研修事業」を開始する。日本映像国際振興協会(UNIJAPAN)を通じて、

「宇宙ショーへようこそ」 公開前に冒頭22分をテレビ放送

6月26日に全国劇場公開となる長編映画『宇宙ショーへようこそ』が、これまでに劇場プロモーションを行なう。公開に先立つ6月13日、24日の深夜24時から映画の冒頭およそ22分でテレビ放送する。放送は東京地方のUHF局TOKYO MX、

劇場がインタラクティブな場に 「東のエデン」ARオールナイト

そうしたイベント化する劇場アニメ興行に、さらに新しい可能性を感じさせる上映企画が4月24日にテアトル新宿で行われた。「東のエデン 劇場版 一挙上映 AR【拡張現実】オールナイト」である。今回のオールナイト一番の見どころは、ARを利用した試みだ。観客は映画を見ながら感想をスクリーンに書き込める

ドリームワークスアニメ第1Q減収減益 ドラゴン続編13年に

米国の大手アニメーション製作会社ドリームワークスアニメーション(DreamWorks Animation SKG, Inc.)は、4月27日に2010年第1四半期(10年1月~3月)の決算発表を行った。売上高は1億6200万ドル、営業利益は3230万ドル、純利益は2170万ドルとなった。それぞれ前年同期比で38%、62%、63%と大幅な減少となった。