北米のマンガ事情第26回 「アメリカにおける日本のライトノベル―Yen Pressの新たな挑戦」‐後編‐

[椎名ゆかり]文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第26回「アメリカにおける日本のライトノベル ― Yen Pressの新たな挑戦」‐後編‐ ■<アメリカのヤングアダルト小説>

北米のマンガ事情第26回 「アメリカにおける日本のライトノベル ― Yen Pressの新たな挑戦」‐前編‐

[椎名ゆかり]輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第26回 「アメリカにおける日本のライトノベル ― Yen Pressの新たな挑戦」‐前編‐■<アメリカにおける日本の小説>

北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」 後編

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」‐後編‐[椎名ゆかり] ■<イメージ・コミックス>■<クリエイター・オウンド作品の隆盛>

北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」 中編

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」‐中編‐[椎名 ゆかり]<権利を求めるクリエイターの戦い>

北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」 前編

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第25回「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」‐前編‐[椎名ゆかり]:クリエイター・オウンド(creator-owned)とは?

北米のマンガ事情 第24回 「アメリカのコミックス業界で活躍するジョー・チェンの日本デビュー」 前編

椎名ゆかりさんの「文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情」。今回は北米で活躍しつつ、日本のBLマンガに進出した米国人アーティスト ジョー・チェンさんを取り上げます。

北米のマンガ事情 第24回 「アメリカのコミックス業界で活躍するジョー・チェンの日本デビュー」 中編

椎名 ゆかりさんの「文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情」第24回。中編では日本進出した米国アーティスト ジョー・チェンのキャリアと日本マンガとの関わりを追います。

北米のマンガ事情 第24回 「アメリカのコミックス業界で活躍するジョー・チェンの日本デビュー」 後編

椎名ゆかりさんの「文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情」第24回。後編では、アメリカでのアジア系アーティストの活躍と日本でのアジア系作家の活躍の可能性についてです。

北米のマンガ事情 第23回 「マンガの翻訳について考える」 後編

[椎名ゆかり]文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第23回「マンガの翻訳について考える」‐後編 <翻訳はどのように重要なのか> マンガ翻訳における問題点や課題を椎名さんが探ります。

北米のマンガ事情 第23回 「マンガの翻訳について考える」 前編

[椎名 ゆかり]輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第23回「マンガの翻訳について考える」‐前編‐<翻訳の重要性のわかりにくさ>。今回は、近年も議論が多いマンガ翻訳について切り込みます。

北米のマンガ事情 第22回 「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」‐後編‐

椎名ゆかりさんの連載「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」を巡る話題の後編。スーパーヒーロー以外の作品の隆盛についての考察です

北米のマンガ事情 第22回 「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」‐中編‐

椎名ゆかりさんの連載第22回「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」。中編では、コミックス専門店、コミック・ブック、グラフィック・ノベルなどについて考えます。

北米のマンガ事情 第22回 「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」‐前編‐

[椎名 ゆかり] 今回はいつもと少し趣向を変えて、アメリカにおける日本産のマンガの状況についてではなく、アメリカにおけるアメリカのコミックスの市場について書いてみたい。

[アニメビジネス10大ニュースの解説] (1) 宮崎駿監督 長編アニメ作品から引退

2013年、アニメ界を最も激震させたのは、宮崎駿監督の引退発表だろう。文化としてアニメに大きなインパクトがあるのは言うまでもない。しかし、日本のアニメビジネス、そして映画ビジネスに対しても大きな影響がある。

2014年劇場アニメ 堅調もオリジナル企画減少 実写映画のアニメシフト強まる

2014年公開予定の劇場アニメのリスト化を行った。■ 『風立ちぬ』興収120億円も、ポスト宮崎駿、ポスト高畑勲が課題■ 存在感さらに低下の海外アニメーション■ アニメファンにシフトした映画プロモーション