テニミュ千秋楽公演 全国13箇所ライブ上映 バルト9は全館ジャック

2003年の初舞台から現在まで、累計観客動員数が80万人を超えるほどの人気を誇るミュージカル『テニスの王子様』。その最新作「The Final Match 立海 First feat. 四天宝寺」が7月30日から東京・日本青年館大ホールを皮切りに全国6都市のツアーを開始した。

スクエニのアニメ事業が語られる 劇的3時間SHOWに田口浩司氏

 JAPAN国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)2009のオリジナルイベントとして、2007年、2008年に好評を博した「劇的3時間SHOW」が2009年も開催される。劇的3時間SHOWは、コンテンツ分野のプロフェッショナルが、3時間を自由に使って若者に語りけるライブイベントだ。

東京ゲームショウにコ・フェスタ連動企画 ゲストに名越氏、日野氏

日本のコンテンツ、クリエイティブ産業のイベントを統合するJAPAN国際コンテンツフェスティバル2009(コ・フェスタ)がこの秋開催される。
数多くの大型イベントからなるコ・フェスタだが、9月24日から27日まで行われる東京ゲームショウ2009は特に大きなイベントだ。期間中、国内外から20万人近くものゲーム関係者とファンが集まる。

「ケロロ軍曹」DVD シリーズ5年で累計出荷数100万枚突破

2004年のテレビアニメ化から5週年を迎えたアニメ『ケロロ軍曹』のシリーズDVD累計出荷数が今年7月で100万枚を突破した。DVDシリーズの発売・販売を手掛けるバンダイビジュアルが発表を行った。
 同社は今年7月25日には、『ケロロ軍曹 武者ケロせれくしょん でござそうろう 上ノ巻』、『ケロロ軍曹5thシーズン 8』を発売し、これが記念すべき100万枚突破となった。

SIGGRAPH2009が開幕 「CR 宇宙戦艦ヤマト」や2D作品も

8月3日から7日まで、アメリカのニューオーリンズでSIGGRAPH2009が開催される。SIGGRAPHはシンポジウムなど学術的なものを中心としたCGの祭典としても知られるが、実際にはVR(仮想現実)からガジェット的なものまで扱うメディアアートのイベントとなっている。

ドリームワークスアニメ上半期増収増益も下半期に不安

米国のアニメーション製作会社大手のドリームワークスアニメーションSKGが、7月28日に2009年第2四半期の決算発表を行った。今年6月末までの売上高は3億9400万ドルの32.4%増と前年同期の2億6300万ドルを上回った。しかし、第2四半期ベースでは売上高1億3200万ドルと前年同期の1億4200万ドルを6.7%下回った。

マンガ家自身が運営 佐藤秀峰オンラインコミックサイト開始

『ブラックジャックによろしく』や『海猿』などのヒット作で知られる佐藤秀峰さんが、7月28日に自身の公式サイトで作品の一部無料公開を開始した。公式サイトにオンラインコミックのコーナーが設けられ、電子書籍のビューアーを用いて作品を閲覧する。

ゲームと教育で共同研究 東大とバンダイナムコゲームスが協力

ゲームの子供に対する影響がマスメディアを賑わすことは少なくない。しかし、実際は科学的な調査はこれまで数が少なく、客観的なデータに基づかない情緒的な主張も少なくないのが現状だ。そうしたなかアカデミックとゲーム業界が、

「よなよなペンギン」 ヴェネツィア国際映画祭へ 招待上映決定

マッドハウスが、フランスのデニス・フリードマン・プロダクションなどと製作した劇場アニメ『よなよなペンギン』が、9月2日から12日まで開催される第66回ヴェネツィア国際映画祭で特別上映されることが決定した。

東映アニメ第1Q減収減益も 利益は業績見通し上回るハイペース

大手アニメ製作会社東映アニメーションが、7月29日に第1四半期決算を発表した。連結売上高は前年同期比6.1%減の50億6800万円、営業利益は同14.4%減の7億9600万円、経常利益は同19.3%減の9億1000万円、四半期純利益は4.3%減の5億3900万円である。

ドイツ最大のアニメイベントAnimagiC ガンダム00とボンズに注目

ドイツ最大の日本ポップカルチャーイベントであるアニマジック(AnimagiC)が、7月31日から8月2日までボン市で行われる。アニマジックは1999年に始まり、今年で開催11年目となるヨーロッパでも歴史のある日本ポップカルチャーイベントである。

「テニスの王子様」ミュージカルDVD 累計出荷本数50万枚突破

人気マンガをミュージカル化し大ヒットとなっている「ミュージカル『テニスの王子様』」のシリーズ関連DVDの累計販売本数が、50万本を突破した。ミュージカルの企画と関連DVDの発売を行うマーベラスエンターテイメントが明らかにしている。