藤津亮太のテレビとアニメの時代 第2回 ’70年を語る前に’60年代の「第0次ブーム」について

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第2回 ’70年を語る前に’60年代の「第0次ブーム」について 藤津亮太
今回はまず前回の補足から始めよう。前回、’70年に前後して「アニメ」という言葉が、次第に浮上しきたのではないかという推察を記した。

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第1回 最初に倒れたドミノの1枚へ

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第1回 最初に倒れたドミノの1枚へ どこから書き始めればいいだろうか。
 とりあえず、比較的最近の話題から。
 アサヒコムに連載されているコラム「アニマゲ丼」にTVアニメの現状に触れた記事が出ていた。(10月8日付け『7時にアニメ見る人を「アニメセブン」と呼ぼうか』※1)

小プロに集英社出資 小学館集英社プロダクション誕生 

日本のマンガ出版を代表する2つの出版社小学館と集英社が、キャラクター・コンテンツ事業で提携する。小学館の子会社でキャラクター事業を行う小学館プロダクションに集英社が出資し、新たに小学館集英社プロダクションに生まれ変わった。