「遊戯王」3D劇場アニメに 2010年早春公開決定

 国内のみならず世界的に人気の高いアニメシリーズ『遊戯王』が、2010年早春に劇場アニメとなって登場する。映画のタイトルは、『10th アニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~』だ。
 これまでのシリーズの主人公『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の武藤遊戯、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズG X』遊城十代、そして『遊☆戯☆王5D’s』の不動遊星の3人が新作映画に結集する。これまでにない取り合わせは、幅広い世代の『遊戯王』ファンの心を掴むことになりそうだ。

 『10th アニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~』は、今年の夏、既にアニメ『遊戯王』シリーズ高橋和希さん原作の10周年記念プロジェクト・記念映像として発表されている。今回はあらためて、映画タイトルと公開時期と合わせて発表された。
 また、今回発表された内容からは、野心的な試みも伝わって来る。映画は3D映像としており、10周年記念プロジェクトにかける関係者の意気込みが感じられる。これまでの期待をさらに上回る映像作品となりそうだ。

 海外では急激に普及が進む3D立体映画だが、日本ではアニメも含めて作品数は数えるほどしかない。日本アニメでは、新作映画では今年10月3日公開の『きかんしゃやえもん』などしかない。
 特に、セルタッチの2Dアニメではほとんど例がない。他の作品に先駆けて3D映像を取り入れる『劇場版 遊☆戯☆王』迫力のバトルシーンと伴に、ビジネスや映像技術からも関心を集める。
 3D映像作品のため、映画の上映はワーナー・マイカル・シネマズなど、全国の3D上映設備のある劇場にて上映する。今年になって3D対応劇場が急激に普及したことが、『劇場版 遊☆戯☆王』の上映を可能にしたとも言える。スタッフ・キャスト等その他の情報については、今後あらためて発表とのことだ。

 また、世界的に人気の高い作品だけに、海外からの関心も高まりそうだ。特に米国では2004年の北米で全国公開された(日本未公開)『Yu-Gi-Oh! The Movie』が、およそ200万ドルの興収を実現している。
 新しい技術3D立体映像を利用していることもあり、ビジネス的な注目も高まることは間違いないだろう。

『10th アニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~』
2010年早春全国劇場上映
公式サイトhttp://www.yugioh10th.com