アニメを大量無断アップロードで 28歳男性を逮捕 

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、愛知県警生活経済課と同県中署が8月2日にアニメ作品を権利者に無断でインターネット上にアップロードした28歳の男性を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕したことを明らかにした。
 逮捕された男性は、今年2月21日ころ、アスキー・メディアワークスが著作権持つアニメ『とある魔術の禁書目録Ⅱ』第17話「罰ゲーム」を、ファイル共有ソフトShareを通じてアップロードし、ネット上の不特定多数に対して送信できるようにしていた疑いが持たれている。愛知県警の捜査員がサイバーパトロールで発見、ACCSを通じて著作権者に連絡したことが逮捕のきっかけになっている。

 男性は容疑を認めており、調べに対しては、ファイル共有ソフトを使用するなかで自分の欲しいファイルを効率よく入手するためにアップロードしたと話している。アップロードされた動画ファイルは、逮捕された男性がテレビ番組を録画し、作成したものとみられている。
 また、Shareネットワークにアップロードされた動画は、アニメ作品を中心に2009年1月から2010年6月の間だけでも1万2729種類に上った。その量は約2テラバイトと、膨大な量となっている。

 近年、映画、テレビドラマ、アニメ、マンガのデジタル配信がますます活発になっている。その一方でデジタル形態のコンテンツ権利保護の動きも活発化している。ACCSの協力による、逮捕者も増加している。
 また、近年の特徴のひとつに、逮捕者の無断アップロードの量が大規模していることがある。今年4月にも兵庫県で、アニメ、マンガなど約2万8000ファイルを無断アップロードした男性が逮捕されている。インターネットの正規配信がますます盛んになるなか、今後も権利者の違法行為に対する強い姿勢はますます増えそうだ。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
http://www2.accsjp.or.jp/