メディア芸術祭 今秋「パラレルワールド・京都」テーマに企画展

 アート、エンタテインメント、アニメーション、マンガなどの表現芸術を広く紹介する文化庁メディア芸術祭が、今年の秋に京都で展開する。2011年10月29日から11月23日まで、京都の芸術施設各所を会場に文化庁メディア芸術祭 京都展「パラレルワールド・京都」が開催される。
 「パラレルワールド・京都」をテーマに、これまでの受賞作を含めたメディア芸術の紹介をする。現代のメディア・テクノロジーに囲まれた生活をいくつもの個人的なリアリティーから成りたつ複数の自己の重なり合いパラレルな感覚と捉え、歴史と文化が交差する都市京都で新たなメディア芸術を提示する。

 この7月には公式サイトもオープンし、イベント情報の発信もスタートした。企画の詳細はまだ明らかにされていないが、主要会場として京都芸術センター、京都府京都文化博物館、京都国際マンガミュージアムを挙げている。最新情報は、公式サイトやtwitterなどで、今後発信されそうだ。

 メディア芸術祭の活動は、一般には毎年暮れから年明け、2月に行われる贈賞や都内での受賞作品展がよく知られている。しかし、活動はそこに留まらない。近年は、より広い地域で実際にメディア芸術を体験する場を提供するべく、国内外での展覧会の開催を拡大している。「パラレルワールド・京都」もそのひとつだ。2011年度は、さらに宮崎でも同様の展覧会を予定している。
 さらに海外展では、9月9日から10月2日までドイツ・ドルトムント市の文化複合施設・ドルトムントUにて展覧会を行う。日独交流150周年の合わせて行われるもので、「文化庁メディア芸術祭 ドルトムント展2011」とタイトルする。2010年のクアランループ展、イスタンブール展に続くものだ。

文化庁メディア芸術祭 京都展「パラレルワールド・京都」
http://plaza.bunka.go.jp/kyoto/

開催期間: 2011年10月29日(土)―11月23日(日)
会場: 
京都芸術センター(11/11〜11/23)
京都府京都文化博物館(10/29〜11/6)
京都国際マンガミュージアム(10/29〜11/23) 他

主催: 文化庁
共催: 京都芸術センター、京都府京都文化博物館、京都国際マンガミュージアム、第26回国民文化祭京都府実行委員会
協力: 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、ルネサンス―京都・映像・メディアアート展実行委員会、Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]、企画メディア芸術祭・京都展プロジェクトチーム