東京国際アニメフェア2012 開催日決定 

 7月29日、東京都議会議事堂で、東京国際アニメフェア2012 第一回実行委員会が開催された。例年は6月末から7月初めに日程組みされてきた第一回実行委員会だが、本年はおよそ1ヵ月後ろにずれ込んだ。
 実行委員会では、東日本大震災の影響で開催中止となった本年の東京国際アニメフェア2011実績、決算報告がされた。さらに2012年の実施計画案が、予算案が提示され、東京国際アニメフェア2012の開催が決定した。

 東京国際アニメフェア2012は、従来どおり4日間、3月22日から25日まで4日間開催される。前半2日間を見本市中心のビジネスデー、後半2日間は一般ファンに向けたパブリックデーとする。また、会場も従来どおり東京ビッグサイトの東1ホールから3ホールまでを利用する。
 2010年、そして開催中止となった2011年と同規模を目指す。国内最大規模のアニメーション見本市として、日本の最新情報の海外発信を担うことになる。

 一方で、2011年からの東京都青少年健全育成条例改正を巡る議論が、2012年にも引き続き影響を与えるかが注視される。2011年は東京都青少年健全育成条例改正の可決と運用に反発する関連企業、出版がアニメフェアの参加を中止、別のイベント アニメコンテツエキスポ(ACE)を計画、アニメフェアの事実上の分裂として関心を集めた。
 震災の影響によりACEも開催中止となりイベントの対立構造は回避されたが、青少年健全育成条例を巡る議論には歩みよりは見られない。こうした問題が解決に向かうかが、東京国際アニメフェア2012の成功の大きな鍵と言って間違いないだろう。

東京国際アニメフェア http://www.tokyoanime.jp/ja/