東映アニメ今期も好調 第1Q売上過去最高 業績予想修正

 好調な業績を続ける東映アニメーションが、今期も順調なスタートを切った。7月25日に発表された同社の第1四半期の連結決算は、売上高78億800万円と前年の58億3300万円を33.9%上回り、過去最高の水準に達した。さらに営業利益は11億7900万円(同36.2%増)、経常利益は13億4400万円(同30.5%増)、四半期純利益は8億1700万円(同26.0%増)と利益面でも好調さを維持した。
 同社の事業セグメントは、映像製作・販売事業、版権事業、商品販売事業、イベント事業の4つで構成されるが、この全てで増収増益を実現した。有力タイトルを中心とした経営の多角的展開が業績に貢献している。

 映像製作・販売事業の売上高は22億9000万円(前年同期比23.8%増)、セグメント利益は1億1500万円(同792.3%増)であった。『ワンピース』、『スイートプリキュア♪』、『トリコ』、『デジモンクロスウォーズ』などを主要タイトルとするテレビアニメ制作は前年並みだったが、劇場アニメ部門やパッケージソフト部門、海外向けの番組販売が好調だった。
 劇場アニメの増収は定番シリーズの『映画プリキュアオールスターズDX3』に加え、『ジャンプHEROES film』、『手塚治虫のブッダ』と公開本数の増加が押し上げた。映像パッケージは『ワンピース』、『プリキュア』シリーズが好調で、売上を大きく伸ばした。
 世界各国で積極的な番組販売を行っている海外部門も『ドラゴンボール』シリーズの北米向けビデオ化権、フランスを中心にヨーロッパが好調だった『ワンピース』テレビ放映権、さらにリバイバルに力を入れる『セーラームーン』シリーズのイタリア向けテレビ放映権・ビデオ化権などが牽引した。
 さらにソーシャルゲームの大型タイトル『スラムダンク for モバゲー』、動画配信サービスも好調に稼動した。劇場アニメ、映像パッケージ、海外販売、配信とバランスのとれた構造となった。

 版権事業は、売上高は26億4100万円(前年同期比20.8%増)、セグメント利益は11億7700万円(同15.3%増)である。前年に引き続き『ワンピース』、『プリキュア』シリーズの2大タイトルが中心である。しかし、国内部門は好調だったが、為替変動の影響もあった海外部門は不調だった。
 また、イベント事業でも『ワンピース』、『プリキュア』が中心となった。『ワンピース』では国内有力テーマパークでの展開、ドームイベント、プリキュアのキャラクターショーなどもあり、売上高が前年の7.7倍8億7800万円、セグメント利益は7900万円である。

 第1四半期の結果を受けて、東映アニメーションは業績予想の上方修正も行っている。既に第2四半期も好調に推移しているとして、第2四半期の売上高予想は109億円から140億円、営業利益は11億円から20億円、経常利益は13億円から22億円、純利益は8億円から13億円に引き上げられた。いずれも好業績だった前年を上回る。
 通期予想も売上高211億円から242億円、営業利益を22億円から31億円、経常利益25億円から34億円、当期純利益を15億円から20億円に変更する。ただし、こつらの修正率は、第2半期業績修正率の半分程度にとどまる。これについて東映アニメーションは、景気の不透明さや業界の環境を考慮したものと説明する。東映アニメーションの決算予想は、これまで慎重に見通す傾向が強かった。業績の進捗を見ながら段階的に業績修正することが多く、平成24年3月期もそうした展開を期待したいところだろう。

東映アニメーション http://corp.toei-anim.co.jp/