北米マンガポータルJManga ファニメーションと連携も

 国内マンガ出版39社が協力するデジタルコミック協議会が進める日本マンガ情報の公式ポータルサイトJMangaが、8月17日にオープンする。7月22日に米国サンディエゴ市で開催されているコミコン(コミコン・インターナショナル)の会場でその概要が発表された。
 22日の午前中に開催された「JManga: Manga!? Hear it Straight from Japan!」と題されたイベントでは、サイトの概要と機能を初めて一般公開した。会場には多くのマンガファンが詰めかけて、大盛況となった。

 また、午後から行われたJManga設立レセプションでは、関係者にJMangaの目指すところ、理念などを披露した。レセプションには、デジタルコミック協議会に参加する主要企業のデジタル部門担当者が揃い、プロジェクトへの意気込みの強さを感じさせた。
 さらにこの場では、新たな取り組みも明らかにされた。米国最大の日本アニメ流通会社であるファニメーション(FUNimation)が、JMangaと連携するというものだ。挨拶に立ったファニメーションのゲン・フクナガ社長は、こうした大型プロジェクトに協力出来てうれしいとし、今後の展開に積極的に関わって行くという。

 具体的な協力の在り方は明らかにされなかったが、北米市場は日本以上にマンガとアニメのビジネスの連動が高いとされる。マンガに併せてアニメの情報も展開出来れば、JMangaサイトはさらに広がることが可能だろう。
 7月22日の発表が第1弾、8月17日のスタートが第2弾とすれば、今後さらに第3弾を期待したいところ。そのひとつに、「アニメ」とのつながりもありそうだ。