アニメ「スティッチ!」ゲーム販売 スクエニとディズニー合意

 ゲーム大手のスクウェア・エニックスは、ウォルト・ディズニー・ジャパン、ディズニー・インタラクティブ・スタジオの両社と家庭用ゲームソフトの日本国内販売で合意した。スクウェア・エニックスは、今後マイクロソフトのプラットフォーム向けを除く、ディズニー・インタラクティブのゲームソフトの日本での販売を行なう。
 今回の販売契約の第1弾として、12月3日に発売されるテレビアニメ『スティッチ!』のニンテンドーDS向けゲームソフト『スティッチ!DS オハナとリズムで大冒険』の発売を開始する。『スティッチ』は、この秋に日本でテレビアニメ第2シーズン『いたずらエイリアンの大冒険』の放送も始めるディズニー・ジャパンの戦略タイトルである。

 ディズニー・インタラクティブ・スタジオはウォルト・ディズニーのインタラクティブ・メディア・グループのひとつで、ゲームソフトをはじめ多彩なインタラクティブ・エンタテインメント、コンピューターソフトの開発、販売、流通を行っている。
 『スティッチ!DS オハナとリズムで大冒険』は、ディズニーキャラクターの中でも人気の高いスティッチ!を主人公にした、完全オリジナルストーリーのリズムゲームである。クリズマスを前に、テレビ放映との連動を目指す。

 スクウェア・エニックスとディズニーは、これまでにも2002年に第1作を発売した『キングダムハーツ』にてコラボレーションを行っている。『キングダムハーツ』は、ファイナル・ファンタジーシリーズとディズニーの双方のキャラクターが登場する人気ソフトで、世界的なヒット作となっている。
 今回の提携は、こうした協力関係を販売面にも広げる。ディズニーは国内ゲームソフト販売で強力なネットワークを持つスクウェア・エニックスの流通網に商品を乗せることで、ビジネスの拡大を期待出来る。

 一方、スクウェア・エニックスは、商品ラインアップの拡充をする。同社がこうした海外企業のタイトルの販売を請け負うのは、今回が初めてでない。2008年以降、海外企業からの販売受託を積極的に進めている。
 この中には、海外の大手ゲームソフト会社ユービーアイソフト、アクティビジョン・ブリザードが含まれている。今回は、これにディズニー・インタラクティブ・スタジオが加わる。スクウェア・エニックスは、海外の有力ゲームソフトタイトルの国内流通のかなりの部分を担うことになる。有力タイトル数の拡大により、ゲームソフト流通における同社の存在感が益々際立たったものとなりそうだ。

スクウェア・エニックス http://www.square-enix.com/jp/
ウォルト・ディズニー・ジャパン http://home.disney.co.jp/