特撮ヒーロー続々GREEに バンダイナムコゲームス展開

 大手ゲーム会社のバンダイナムコゲームスが、特撮ヒーローをテーマにしたソーシャルゲームを相次いでSNS大手のGREEに投入する。同社はGREEを運営するグリーの協力を得てゲームを開発、自社が得意とするヒーローキャラクターで、成長著しいソーシャルゲーム市場の拡大を目指す。
 第1弾は今夏から配信を予定する『仮面ライダーウォーズ』、その後も「スーパー戦隊シリーズ」、「ウルトラマン」を題材にしたゲームの配信を行う。いずれも幅広い世代から人気の高いキャラクターだけに、かなりの人気を集めることになりそうだ。

 GREEは2011年末で会員数が2500万人を超える大型SNS、特にモバイルで強さを発揮し、国内ではDeNA「モバゲー」と並ぶ有力サイトだ。業績も急伸しているが、さらなるユーザーの囲い込みを目指し、これまでに角川グループと業務提携した「涼宮ハルヒ」のソーシャルゲームやケイブを通じた米国のゲーム会社EAのタイトルなど有力ブランドの導入などを明らかにしている。
 今回も大型キャラクターの導入となり、GREEの勢いを見せつけたかたちだ。バンダイナムコゲームスは、今回のコンテンツ配信を皮切りに自社のキャラクターゲームに関するマーケティングノウハウと、GREEの持つソーシャルゲームのノウハウを融合させ、SNS市場の活性化を目指すとしている。

 『仮面ライダーウォーズ』は、歴代の仮面ライダーや怪人が多数登場するのが魅力のゲームとなる。設定されたストーリーをクリアしながら、仮面ライダーや怪人のカードをコレクションし、オリジナル仮面ライダーチームを作り上げていく。ストーリーは、昭和時代のライダーから平成ライダーまで、多彩なシリーズのストーリーを再現する。
 『仮面ライダー』ならではの世界観やキャラクターをベースに、ストーリー、バトル、特訓、編成と4つの要素で進行するソーシャルカードゲームの基本的な遊び方を取り入れた。さらに仮面ライダーチームを作り上げるコレクション性や戦略性を盛り込んだことで、プレイの継続率を向上させるという。
 配信に先立ち、7 月14 日から事前登録をスタート。登録をするとユーザーはサービス開始時にプレイヤー特典を獲得出来る。

バンダイナムコゲームス http://www.bandainamcogames.co.jp/

「仮面ライダーウォーズ」
配信日: 2011 年夏
配信先: フィーチャーフォン版SNS「GREE」
事前登録開始日: 2011 年7 月14 日(木)