デジタルコミック協議会 海外マンガポータルでβテスト開始

 国内の主要マンガ出版社が組織するデジタルコミック協議会による、海外向けのマンガ配信ポータルサイトが動き始めている。デジタルコミック協議会によるJManga Inc.は、このほどβ版のサイト運営を開始、そのテスター募集を行っている。
 βサイトは英語で運用されており、テスターは北米在住者に限定、応募者の中から抽選で選ばれる。JMangaによればテスターは、誰よりも早くサイトを見ることが出来るだけでなく、サイトの改善に参加することが出来る。さらに付与されたポイントにより、無料でマンガが楽しめる。

 JManga Inc.は、2010年12月27日に講談社、小学館、集英社をはじめとする日本マンガの主要出版社39社により設立された。同社はJManga.comを通じて、世界に向けて日本マンガの合法的な配信することを目的とする。世界中のマンガファンに日本のマンガ作品を手軽に楽しめるようにすることで、読者、出版社、作家に貢献すること目指す。
 サイトではデジタルマンガの販売ほか、プロモーション、マンガ関連サービスの提供を行うとしている。JMangaの構想は昨年11月に開催された電子書籍・コミック サミットin 秋葉原で明らかにされていた。その後の動きが伝えられなかったが、今回のテスター募集でまず北米市場でのサービスが進められていることが明らかになった。正式サービス開始は明らかにされていないが、今後の新たな展開が期待されるところだ。

 もともとJManga構想は、インターネットを中心に日本マンガ作品が多数違法にアップされていることの対策として始まった面がある。違法なコンテツが、各国の翻訳出版ビジネスに影響を与えているだけでなく、違法な作品により作家の表現や意図が異なってしまう可能性なども指摘されている。
 そこで正規のデジタルマンガ配信をマンガ出版社自らが手がけることで、読者が違法コンテンツに向かうことを防ぐ。さらに近年急激に進む電子書籍のビジネス進出にもつなげる狙いがあると見られる。

JManga フェースブック ファンページ(JManga FaceBook FanPage)(英語)
http://www.facebook.com/jmanga.official

デジタルコミック協議会
http://www.digital-comic.jp/