中野のコンテンツインキュベーション 新規入居者募集 

 東京・中野の東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)は、今年7月、8月からの新たな入居企業、入居者の募集を行っている。6月15日まで応募書類を受付け、その後、面談審査などを経て、6月末に入居者の決定をする。
 TCICは、東京都がコンテンツ分野に特化した創業者支援施設として設立した。アニメ、映画、ゲーム、CGなどの事業で創業して間もない企業や、これから創業を目指す個人事業者に廉価なオフィス環境を提供する。また、事業支援化支援やビジネス交流会、セミナーを開きネットワークづくりにも協力する。

 今回募集するのは全25室のうち4室、月額利用料は面積21.9m²55335円から25.61m² 64680円まで(いずれも共益費、消費税込み)となっている。会議室やフリースペースも無料で利用出来る。
 また、センターは中野区弥生町、東京メトロ中野新橋駅から徒歩1分ほどと交通も便利となっている。現在は、アニメーション、CG、映画、キャラクターなどの企業が入居する。

 応募はTCICのサイトから入居募集要項、申込みをダウンロードしたうえで、6月15日までに提出する。6月22日に面談を行い、6月27日に入居者を決定。その後、入居契約したうえで、7月、もしくは8月ン入居となる。詳細は、TCICのサイトにて確認出来る。

東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)
http://www.tcic.jp/