秋葉原観光サポートで、オリジナルキャラの携帯小説配信 

 秋葉原の魅力を観光客のアピールするオリジナル携帯小説が、5月25日にスタートした。この小説は3月にスタートしたNPO 法人秋葉原観光推進協会の「秋葉原おもてなしプロジェクト」の一環だ。世界8カ国を代表する8人のキャラクターが活躍する。
 8人のキャラクターは、プロジェクトを紹介する案内役として創られた。キャラクターデザインは、アニメ製作会社のプロダクション I.Gが手掛けたものだ。

 「秋葉原おもてなしプロジェクト」では、安心・安全な商品、店舗の目安となる「秋葉原おもてなしロゴ」を設定する。秋葉原地域の電気店や免税店、土産物店、飲食店などがこのマーク掲示し、安心できる商品、お店であることをアピールする。
 このマークをより広く知ってもらうために、今回のキャラクターを活用する。国内外の観光客に親しみやすい秋葉原らしいキャラクターデザインが採用されている。
 そして、今回はオリジナル携帯小説で、さらにプロジェクトを紹介する。小説のタイトルは「あきばスクランブル」。キャラクター達は、秋葉原の街に仮想現実的に存在する秋葉原インターナショナルスクールで学園生活を送るという設定だ。配信は、1週間から2週間間隔で8人のストーリーを順次展開する。

 また、秋葉原にメインキャンパスを構えるデジタル・ハリウッド大学のサークル「C.A.C.E」が、小説執筆とウェブを利用した告知活動で協力する。学生たちが、秋葉原の様々な店舗を取材し、実在する店舗が小説と連動する。
 さらに携帯小説配信と同時に、「秋葉原おもてなしロゴ」とキャラクターのライセンス提供も開始した。今後は、キャラクターを活用した商品化や企業とのビジネス連携も視野に入れる。

「秋葉原おもてなしプロジェクト」
http://akiba-brand.com/