福岡のゲーム企業8社でインターシップ 参加者募集

 福岡ゲーム産業振興機構は、第11回FUKUOKAゲームインターシップの参加者募集を開始した。この企画は、ゲームクリエイターを目指す学生やアマチュアが福岡地区に本社を持つゲーム企業で働きながら、ゲームの仕事を実際に体験し、学ぶものだ。
 主催の福岡ゲーム産業振興機構は、九州地区のゲーム産業の発展と振興を目指す目的で福岡市、九州大学、ゲーム企業11社から構成されるGFFにより設立された。今回のインターシップの受入れ企業8社にも、GFF加盟会社から6社が参加している。

 FUKUOKAゲームインターシップは企業が単独でなく、まとまって行うことで大きな成果を残している。プログラマーコース、デザイナーコース、プランナーコース、デバッグプレイヤーコースといった複数のプログラムを用意することで、応募者の広いニーズに応える。また、レポートブログを立ち上げて、参加者のインターシップ体験を広く共有する。
 特に近年の成果となっているのが、インターシップ参加者から企業採用につながるケースが増えていることだ。これまで10回の実施で24名が、実際に企業から採用された。とりわけ昨年は9名と大きな実績となっている。

 今回の募集企業は、株式会社アルティ、有限会社エレメンツ、株式会社ガンバリオン、株式会社サイバーコネクトツー、システムソフト・アルファー株式会社、有限会社タウンファクトリー、株式会社デジタルハーツ、株式会社レベルファイブの8社、合計で30名程度を予定している。前回の18名、前々回の16名からさらに拡大する。より多くの志望者にチャンスが広がることになる。
 応募は5月18日に開始、6月17日必着で書類を受付ける。インターシップの実施期間は、本年7月下旬から8月下旬頃までを予定する。詳細は、福岡ゲーム産業振興機構のサイトで確認出来る。

福岡ゲーム産業振興機構
http://www.fukuoka-game.com/internship_11.html
GFFウェブサイト/FUKUOKAゲームインターンシップblog
http://www.gff.jp/internship/

第11回FUKUOKAゲームインターシップ

[受入予定企業]
株式会社アルティ、有限会社エレメンツ、株式会社ガンバリオン、株式会社サイバーコネクトツー、システムソフト・アルファー株式会社、有限会社タウンファクトリー、株式会社デジタルハーツ、株式会社レベルファイブ
受入予定人数: 8社合計30名程度
募集期間: 平成23年5月19日(木)~平成23年6月17日(金)必着
実施時期: 平成23年7月下旬~8月下旬頃