カンヌで東京国際映画祭/TIFFCOMがARIGATO

 世界で最も注目される映画祭、第64回カンヌ国際映画祭が5月11日より開幕した。各国の映画人が集まる現地では、日本の映画関係者も積極的に活動している。
 そうした中でアジア最大規模の東京国際映画祭(TIFF)と国際コンテンツ見本市TIFFCOMが主催する「ARIGATO NIGHT」が、5月13日夜Hotel Majestic Barriereにて開催された。この集いは、3月11日に起きた東日本大震災に対して、世界の映画人から多くの励ましと支援を受けたことに感謝することを目的とする。それと同時に日本の現状を海外に正しく伝え、東京国際映画祭が出来る役割について考えるものだ。

 TIFFとTIFFCOMは、映画とエンタテインメントの力を通じて日本を元気にすることが出来ると考える。そして、「ARIGATO NIGHT」では、本年秋の第24回東京国際映画祭を予定通り開催することを報告した。  
 東京国際映画祭の依田巽チェアマンは、「「映画の力」を発揮し、ぜひ日本を元気にしていきましょう。皆様がTIFF/TIFFCOMにご参加頂けることが、力強いサポートになります。このような時だからこそ、「映画の力」、「エンターテイメントの力」が大切になってきます」と挨拶し、集まったおよそ300人の各国映画祭ディレクター、映画プロデューサー、監督などにTIFF/TIFFCOMへの協力を呼びかけた。
 また、会場では東日本大震災の義援金を募り、寄付を行った参加者に「ARIGATO(ありがとう)」バンドを配布した。義援金は日本赤十字社を通じて被災地に届けられる予定である。
 第24回東京国際映画祭は、2011年10月22日から30日までの9日間の予定で開催される。

第24回東京国際映画祭  http://www.tiff-jp.net/