カプコン好調決算 通期売上高46%増「モンハン3」が牽引

 ゲーム会社のカプコンは、5月6日に2011年3月期決算を発表した。期中は大型ヒットに望まれて連結売上高が前期46.2%増の977億1600万円となったほか、営業利益は155.8%増142億9500万円、経常利益は132.6%増128億6100万円、当期純利益は257.6%増77億5000万円と利益面でも好調だった。
 業績好調は、国内では12月1日発売後出荷本数が460万本に達する『モンスターハンターポータブル 3rd』大ヒットとなり、海外でミリオンセラーが続出したためである。事業セグメントごとでは、コンシューマ・オンラインゲーム事業、モバイルコンテンツ事業が増収増益、アミューズメント施設事業の売上げは微減だが、利益は大きく伸びた。アミューズメント機器事業は大幅増収で黒字転換となった。

 コンシューマ・オンラインゲーム事業は、売上高702億6900万円(前期比60.8%増)、営業利益124億9900万円(同59.5%増)である。『モンスターハンターポータブル 3rd』のヒットだけでなく、PSP向けの『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』もヒット、オンライン向け『モンスターハンター フロンティア オンライン』も好調など、同シリーズが業績を支えた。
 モバイルコンテンツ事業は、売上高は40億2800万円(同13.3%増)、営業利益13億6600万円(同83.2%増)。こちらもソーシャルゲーム市場の拡大と伴に、成長を見せた。モバゲー向けに配信した『モンハン日記 モバイルアイルー村』が好調だったほか、海外展開としてフェイスブックと連動した『スマーフ・ヴィレッジ』が人気だった。

 また、同社の好調の理由は、国内ゲーム会社の中でもいち早く成長する海外市場で基盤を築いたことであろう。今回のカプコンの決算の特徴のひとつは、海外での好調さである。海外向けを狙った『デッドライジング2』が220万本、『マーヴル VS. カプコン3』が200万本、『スーパーストリートファイターⅣ』が160万本、『ロスト プラネット 2』が150万本とミリオンタイトルが続出している。
 期間中の海外売上比率は33.5%となり全体の1/3を占めるが、コンシューマ・オンラインゲーム事業ではその比率はさらにあがる。ゲーム会社の成長の鍵のひとつが海外市場とされるなか、カプコンのケースはひとつのビジネスモデルを提示しているかもしれない。

 2011年3月期は好調だったが、2012年については前期より売上利益とも低く見通す。連結売上高は860億円、営業利益121億円、経常利益120億円、当期純利益70億円を予想する。慎重な見通しは、ヒット作の有無により左右されがちなゲーム事業であること、また大ヒットが多かった2011年3月期の反動も織り込んでいるとみられる。

カプコン http://www.capcom.co.jp/