グッドスマイルカンパニー 上海法人設立を発表

 キャラクターフィギュアの企画・製造・販売のグッドスマイルカンパニーが、中国市場に本格進出する。5月1日に東京・秋葉原で開催されたグッドスマイルカンパニー創立10周年記念感謝祭にて、安藝貴範社長が今後の事業展開のひとつとして発表した。
 既に準備に入っており、今年7月、8月頃にグッドスマイル上海を設立方針だという。新会社は中国市場に向けたフィギュア開発のほか、現地での原型師の発掘も行う。

 グッドスマイルカンパニーは、アニメやゲームなどキャラクターの企画・制作・製造・販売をする。2001年5月1日に設立、クオリティ-の高い商品と企画の確かさで消費者から支持を集め、2000年代後半に急成長した。国内を代表するキャラクターフィギュア会社である。
 会社設立当初よりフィギュアの製造を中国で行い日本に出荷するなど、中国と関わりが深い。発表のあった創立10周年記念感謝祭でも、モデラ―のマックス渡辺さんと安藝貴範社長が中国進出当初の苦労話を披露し、中国が会社の事業運営と切り離せない様子が窺えた。
 しかし、今回の新会社の設立は、生産地としてだけでなく、消費市場として中国を捉えるものとなる。10年目を期に中国市場での新たな展開を目指す。

 安藝貴範社長はグッドスマイル上海の設立について、多くの企業が中国市場に注目しているとし、今年以降は上海からさらにアジア全体にグッドスマイルカンパニーが広がるはずと語った。さらに、フギュア開発の要である原型師の発掘は、現地のフィギュア制作レベルが急激に上がっていることを理由に挙げた。日本から輸出でなく、現地での企画、制作という地域に密着したビジネスを念頭においているようだ。

グッドスマイルカンパニー http://www.goodsmile.info/