「聖闘士星矢」Tシャツ 中国の最大手アパレル企業が発表

 『聖闘士星矢』はマンガ、そしてアニメとして国内だけでなく、世界各国で人気の作品だ。その『聖闘士星矢』が、このほど中国で展開をする。『聖闘士星矢』のアニメを製作する東映アニメーションは、4月21日に中国・上海で現地のカジュアル・アパレル企業 Meters/bonwe社と共同記者会見を開催し、同作のTシャツコレクションを発表した。
 このTシャツはMeters/bonwe社の新作“MTEE”Tシャツコレクションである。Tシャツは作品中で人気のキャラクター星矢をモノトーンで表現したものだ。

 Tシャツを手がけたMeters/bonwe社は、1995年に店舗展開をスタート、その後急成長した企業である。2008年の売上高は70億人民元、中国全土におよそ3500の小売店舗を抱え、同国最大のカジュアル・アパレル企業として知られる。
 今回の記者会見は、同社のフラッグシップストアである上海・南京東路店を会場に行われた。今後、Meters/bonwe社は、原作者である車田正美さんのサインの入った『聖闘士星矢』”MTEE” Tシャツを店舗に展示する。

 『聖闘士星矢』は1986年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)でマンガ連載を開始、同年アニメ放送もスタートした。国内で大きなヒットとなったが、その後世界各地でテレビ放映され、ヨーロッパやラテンアメリカ各国で特に高い人気を博している。
 1991年以降中国でもテレビ放映、その後は1991年以降、たびたび再放送され、同国でも人気の高い作品となった。そうした人気から今回の企画が実現したとみられる。

 東映アニメーションは、現在、中国のメディアコングロマリットSMG(上海メディアグループ)と『一休さん』の劇場アニメ共同製作も進めている。中国市場の展開に積極的だ。また、今後も作品人気の拡大を目指し、中国市場での事業展開に取り組んで行くという。

東映アニメーション http://www.toei-anim.co.jp/