TVアニメ「トリコ」米国進出 最新エピソードをネット配信

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で島袋光年が連載する人気原作マンガをテレビアニメ化する『トリコ』は、この春期待の大型アニメだ。3月19日には、3D(立体視)劇場版『トリコ3D 開幕!グルメアドベンチャー』も公開、4月3日よりスタートしたテレビ放映も好調なスタート切った。
 こうした大型プロジェクトは国内だけにとどまらない。アニメを製作する東映アニメーションは。4月14日より、北米地域での『トリコ』の番組インターネット配信を開始することを発表した。

 北米向けの配信は東映アニメーションのほか同社がロサンゼルスに拠点を持つ北米現地法人Toei Animation、集英社、フジテレビジョン、読売広告社が協力、米国最大のアニメ流通会社であるファニメーション(FUNimation Entertainment)と共同で行う。
 配信はファニメーションの運営するアニメ専門の動画配信サイトFUNimation.comと米国最大の番組配信サイトHuluを利用する。FUNimation.comの配信はインターネット動画サービスや他のアニメサイトにも再配信されており、かなり大規模なサービスが期待される。

 4月14日の配信では、4月10日に放映したエピソードを英語字幕つきで無料で提供する。4月14日以降も、日本の放映から4日後の配信ペースを続ける。北米でも日本とほぼ同じタイミングで『トリコ』の最新エピソードが楽しめる。
 こうした配信は『ONE PIECE』でも実施しており、『トリコ』が『ONE PIECE』同様の大きな期待を持たれた作品であることも垣間見える。

東映アニメーション http://www.toei-anim.co.jp/