ディズニー第1Q増収増益 ケーブルテレビ好調

 米国のメディア大手ウォルト・ディズニーが、2月8日に発表した2011年第1四半期の決算は各事業が堅実な成長で好調だった。売上高107億1600万ドルは前年同期比で10%の増加だったほか、純利益は13億200万ドルと54%増の高い伸びとなった。
 映画やテレビドラマ、アニメーション制作のスタジオエンタテイメント部門が前年並みの19億2000万ドルとなったほかは、各事業とも売上げを伸ばした。また、営業利益面では同部門も3億7500万ドルと54%増となり好調だった。『トイ・ストーリー3』の映像パッケージが世界中で好調だったほか、商品の流通コスト、マーケティングコストの削減が寄与した。

 売上げで最も高い伸びを見せたのはゲームやオンラインなどで構成されるインタラクティブメディア部門である。売上高は3億4900万ドルと小さいが、前年比では58%増である。しかし、1300万ドルの営業損失と唯一の赤字部門である。
 パーク&リゾート部門は国内外のテーマパークが好調で、クルーズ船運営部門の減少をカバーした。売上高は28億6800万ドル(前年同期比8%増)、営業利益は4億6800万ドル(同25%減)。
 ライセンス事業とディズニーストア運営などのコンシュマープロダクツ部門は、売上高が24%増の19億3200万ドル、営業利益は28%増の3億1200万ドル『トイ・ストーリー』の好調に加えて、マーベルのキャラクター展開も業績を押し上げた。

 同社の事業で最も大きな割合を占めるのは、メディアネットワーク事業である。ABC(地上波・ケーブルテレビ)、ケーブルチャネルのESPN(スポーツ)、ディズニーチャンネル(エンタテイメント)などを運営する。
 売上高46億4500万ドル(前年同期比11%増)、営業利益10億6600万ドル(同47%増)である。売上高、利益双方でケーブルテレビ事業がおよそ7割を占めている。
 ESPNはコストの増加を広告収入、関連収入の増加でカバーした。ディズニーチャンネルは、国内外での契約世帯の増加が売上げを押し上げたとしている。ABCはロウズ・ボウルの放映をESPNに移管したことから営業コストが大幅に減少し、利益を伸ばした。

ウォルト・ディズニー http://disney.go.com/