テレ東 中国企業とフルCGアニメ「トレインヒーロー」を制作

 1月27日、テレビ東京は、中国の常州テレビ系列のアニメ制作会社カーロンアニメーションと協力して、フルCGアニメーションを制作すると発表した。日中両国、さらに世界に向けて展開を目指す。
 1月24日に、中国・常州市にてカーロンアニメーションの董事長である顔暁群氏とテレビ東京の上席執行役員でアニメ局長を担当する田村明彦氏が契約に調印した。日本のテレビ局が中国のアニメーション制作会社と直接手を結ぶことになり大きな関心を呼びそうだ。

共同制作するのは、『トレインヒーロー (中国名:高鉄英雄)』と題した災害救助をテーマにしたヒーロー物のアニメーションとなる。地球上のあらゆるところに張り巡らされた超高速鉄道を走るため、集められたトレインヒーローたちが、災害時の救助活動の任務をこなしながら成長していく物語となる。移動の際のスピード感や救助の際の変身のシーンなどの迫力ある映像が見どころになるとしている。
 カーロンアニメーションのほか、日本側の制作プロダクションとしてトータルプランニングオフィス(TPO)が参加する。さらにキャラクターデザインは北米のコミックス業界で活躍するパット・リーさんを起用する。 

 テレビ東京は、中国では2012年に北京と上海が超高速鉄道で結ばれる予定で、鉄道人気も高まっているとしている。鉄道をテーマにした作品の市場に期待する。また、今回のビジネスをきっかけに中国市場をメインターゲットとするアニメビジネスをスタートさせ、今後も発展させる構えだ。
 番組は2012年4月から日本を初めとする各国で、全26話のテレビシリーズとして展開する。2012年秋に中国全土での公開を予定する。劇場版はよりスケールアップするとする一方で、たとえ共同製作でも海外のアニメーションのテレビ放映が確保し難い、中国の事情も考慮されていそうだ。

テレビ東京 http://www.tv-tokyo.co.jp/