電通などTVアニメ「スタドラ」でAR(拡張現実)企画実施

  電通とコンセプトは、テレビアニメ番組に連動したAR体験する共同企画を実施する。テレビを通じたAR(拡張現実)コンテンツで、新たなエンタテインメントを提供する。さらにECサイトでのショッピングに誘導する仕組みを作る。
 まず、3月6日からMBS・TBS系で17時より放映される人気アニメ『STAR DRIVER 輝きのタクト』でこの企画を開始する。iPhoneを利用することで、これまでにないテレビアニメの視聴経験を届ける。

 電通と共同で企画をするコンセプトは、AR技術や3D表現などの先端技術を活用したサービスを提供するベンチャー企業だ。今回のAR企画で必要になる「Scan i AR版」というiPhone専用アプリを電通と共同開発した。
 ユーザーは番組の前にこの「Scan i AR版」をダウンロードし、これを使ってデータ放送で送られてくるARマーカーを読み込むと、番組の関連したアニメやキャラクターがARコンテンツとして手元に現れる。キャラクターをタップすると、名場面の閲覧や、限定のコンテンツも入手出来る。
 さらにコンテンツを楽しんだ後、番組に関連するショッピングサイトで、Blu-ray DiscやDVDの購入も可能だという。テレビ番組プラスのコンテンツを提供し、さらにビジネスにつなげる仕組みになっている。

 拡張現実とも呼ばれるARは、様々な場所に付加された情報を読み取ることで、通常では観ることの出来ないコンテンツをデバイスを通じて体験出来る仕組みである。2009年頃より注目され、特にプロモーションなどで活用された。これまでは事業収益化が弱いとされて来たが、今回はショッピングサイトの連動でビジネスも目指されている。
 電通とコンセプトは既に2010年12月にMBSの協力のもと、ARの仕組みを利用した共同実証実験を成功させている。今回の試みは初の運用となる。ARの活用の試みとして、その成果が関心を呼びそうだ。電通は今後も、テレビ放映に連動したARコンテンツのノウハウを蓄積し、クライアントのソリューションニーズに対応していくとしている。

[テレビのデータ放送に連動した、ARコンテンツを配信]

実施時期: 3月6日(日)~ (コンテンツ利用は3月末まで)
実施番組: 『STAR DRIVER 輝きのタクト』
対応機種: iPhone(3GS、4 以降、iOS4.0以降)

電通 http://www.dentsu.co.jp/

「Scan it」 説明サイト:http://scanit.jp
『STAR DRIVER 輝きのタクト』 http://www.star-driver.net/