文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情- 第3回「2010年 北米マンガ業界10大ニュース」

7.『トワイライト』manga大ヒット

小説『トワイライト』のmanga化作品(日本ではフレックスコミックスから『Twilight ~トワイライト~』として発売中)が3月に出版され大ヒットとなった。(出版元Yen Pressはこの作品をmangaではなくグラフィック・ノベルと呼んでいるが、その絵柄のためmangaとして扱われることも多く(7)、mangaコミュニティ内での話題性から「manga10大ニュース」で取り上げた。)

2005年に出版された小説『トワイライト』は、2008年公開の映画がヒットし追い風となり、世界中で8500万部以上を売り上げている超大ヒット作品(8)。2009年、Yen Pressが『トワイライト』のmanga化(グラフィック・ノベル化)権を獲得したことを発表すると、誰もがその作品のヒットを確信し、ICv2は「(その本の出版は)お札を刷るようなもの」と評した(9)

北米のmanga業界では過去において、既存のアメリカ産小説のmanga化はそれほど積極的に試みられてきたわけではなかった。しかし2007年のTokyopop『Worriors』シリーズや2008年Del Reyの『In Odd We Trust』が成功して以来、メディアミックスとしてのmangaに新たな可能性を見る出版社も増えてきた。『トワイライト』mangaを出したYen Pressは2009年の『Maximum Ride』で若者向け小説のmanga化に既に成功しており、『トワイライト』という大人気作品のmanga化への業界の注目度は出版前からかなり高かったと言える。

そして特にこの『トワイライト』manga化作品で話題になったのは、35万部という初刷の数である(10)。mangaに限定せずアメリカ産のコミックス全体を見ても初刷35万部というのは異例中の異例。Yen Pressはmanga業界の基準で考えず、『トワイライト』プロパティーの他のメディアの売れ行きから判断し、その数を決めたのだろう。

『トワイライト』mangaは発売1週間で66000部を売り上げてグラフィック・ノベルの発売後第1週の売上記録を作ったが(11)、その後はYen Pressの期待通りとは行かなかったらしく、現時点で売上部数は15万部に達していないと見られている。しかしそれでも1万部を超えればヒット作と言えるmanga業界では、特大ヒットであることは間違いない。

8.オルタナティブ系mangaに注目が集まる

辰巳ヨシヒロの作品や青林工藝社の作品集『AX』など、オルタナティブ系のmangaが話題になり、「劇画(gekiga)」という言葉が一部で注目された。

実際には辰巳ヨシヒロは2000年代中盤にアメリカで紹介され高い評価を受けていたが、2009年の『劇画漂流』において、その文学性の高さを強調するプロモーションが出版元によって行われたことでmanga/コミックスを超えた注目を集めるようになった。7月にはコミックスの賞であるアイズナー賞で「ベスト・ノンフィクション作品(Best Reality-Based Work)」と「ベスト海外作品―アジア部門(Best US Edition of International Material- Asia)」の2冠に輝いている。

『劇画漂流』の北米での出版にあたり、辰巳は日本の70年代に誕生したオルタナティブなマンガの名称「劇画」を提唱した人物として紹介されたこともあり、「劇画」という言葉も脚光を浴びることになった。

青林工藝社の『AX』に掲載されたマンガを集めた作品集『AX』も2010年に出版され、日本の現在のオルタナティブ・コミックスの作品集として、北米でイメージされるmangaとはかなり違うタイプのmangaを北米の読者に紹介し話題となった。

更に、2010年には萩尾望都の作品集『Drunken Dream(酔夢)』がFantagraphics社からハードカバーで出版され、作者自身も北米最大のコミックスのコンベンション「San Diego Comic-Con International」に公式ゲストとして招待された。

辰巳ヨシヒロや『AX』と並べて萩尾望都を取り上げることに日本では違和感を感じる人も多いと思われるが、萩尾のこの作品集に対する北米のファンのコミュニティでの扱いは、ほぼオルタナティブ・コミックスとしてのものであった。『Drunken Dream』に収められた作品が現在北米で流通する多くの「少女manga」とかなり違っていたことや、出版元がFantagraphicsというオルタナティブ・コミックスの出版社だったことが、その原因だと思われる。

7 アニメ!アニメ!「文化輸出品としてのマンガ―北米のマンガ事情」 第2回「北米でmangaは何を指しているのか」2010年12月15日
http://www.animeanime.biz/all/1012151/

8 ICv2 “Twilight GNFirst Printing 350,000” January 20, 2010
http://www.icv2.com/articles/news/16697.html

9 ICv2 “Twilight Graphic Novels” July 16, 2009
http://www.icv2.com/articles/news/15367.html

10 Entertainment Weekly “EW’S Shelf Life – Exclusive: Twilight, The Graphic Novel.” January 20, 2010
http://shelf-life.ew.com/2010/01/20/exclusive-twilight-the-graphic-novel/

11 ICv2 “Twilight GN sets 1st Week Record” March 24, 2010
http://www.icv2.com/articles/news/17134.html

4に続く