アニメ「伝説の勇者の伝説」 3月から韓国KBSで放送

 2010年7月から半年にわたりテレビ東京系で放映されたテレビアニメシリーズ『伝説の勇者の伝説』が、2011年3月16日から韓国のKBS1で放映されることが決定した。KBSは韓国の公共放送で、KBS1は地上波向けの中核チャンネルである。韓国で一気に幅広い視聴者にアプローチする。
 KBSはこれまでにも『ONE PIECE』や『きらりん☆レボリューション』など日本のアニメを放映している。今回は日本の放映終了から3ヶ月でのオンエアーとなる。

 製作によれば、韓国ではファンタジー作品の人気が高いという。今回の放映は作品の製作にも参加する韓国のCG・アニメーション会社SK INDEPENDENCEのよる韓国版である。
 韓国声優によるアフレコのほか、オープニングやエンディングも韓国アーティストによるものとなる。大手放送局の番組放映で、共同製作や現地向けのアレンジを活かした展開だ。

 『伝説の勇者の伝説』は、富士見書房の富士見ファンタジア文庫から刊行されているライトノベルシリーズを原作としている。原作者の鏡貴也さんが2002年から執筆する人気シリーズだ。
 超絶面倒くさがりで万年無気力な主人公 ライナ・リュートが、ローランド帝国王のシオンから『勇者の遺物』を探す旅にでる。お目付け役として同行する剣の一族の娘 フェリス・エリス、そして帝国王のシオンの3人を中心に物語が展開する。
 監督は『戦国BASARA』、『鋼殻のレギオス』の川崎逸朗さん、シリーズ構成は『鉄のラインバレル』の吉村清子さん、キャラクターデザインに島沢ノリコさんが参加する。アニメーション制作はZEXCSが手がけた。

アニメ 『伝説の勇者の伝説』 公式サイト http://www.denyuden.jp/