福岡アジアコンテンツマーケット2011 1月19、20日開催

 福岡コンテンツ産業振興会議は、来年1月19日と20日に福岡国際センターにて福岡アジアコンテンツマーケット2011を開催する。
 この福岡アジアコンテンツマーケット2011は、2006年から開始された福岡コンテンツマーケットを前身とする。今回はフクオカベンチャーマーケット協会が主催する第1回アジアビッグマーケットとの併催により名称が変更された。アジア企業50社も含む計200社と、規模も拡大した。

 当マーケットの指針において、これまでコンテンツ制作企業やWeb技術開発企業を一堂に集めた見本市であるという点に変更はない。CG・映像分野はティ・ジョイやハッピープロジェクトなど10社が軒を連ねる。
 ティ・ジョイは前回も出展しているが、来年の3月3日に全線開業を迎える九州新幹線に併せてオープンする新しい博多駅「JR博多シティ」にT・ジョイ博多が入居する関係からである。
 ハッピープロジェクトも過去に出展経験がある。同社は真島理一郎氏の『スキージャンプ・ペア2』への制作参加などで知られ、今年の東京コンテンツマーケット2010のTCMアワード2010では『フルーティ侍』が5賞を獲得、また来年3月末に開催される東京国際アニメフェア2011のクリエイターズワールドにも出展する。
 またクリエイターズワールドには、2005年にオレンジプロジェクトとして共同出展していたこともある。

 このほか最近の福岡のコンテンツ産業関連では、12月17日に福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センターが開所している。当センターには、レンタルオフィスや会議室、ゲームやアニメのサウンド収録などで利用する録音室がある。開所当日は、今年3月に福岡県海外戦略顧問に就任したDLEの椎木隆太氏も講演を行った。
【真狩祐志】

アジアビッグマーケット http://www.fvm-asia.jp/
福岡コンテンツ産業振興会議 http://www.f-contents.jp/