エンターブレイン「ビジネスファミ通」スタート ウェブと書籍で

 ゲーム関連出版、情報事業のエンターブレインは、12月20日から「ビジネスファミ通」のブランドで事業展開をする。ゲーム情報サイト「ファミ通.com」のなかにエンタテインメントビジネス情報を専門に取り扱った「ビジネスファミ通」をスタートさせたほか、ビジネス書を中心とした書籍レーベル「ビジネスファミ通」も展開する。
 12月20日には、西田宗千佳さんが電子書籍ビジネスの最新動向についてまとめた『電子書籍革命の真実 未来の本 本のミライ』を発刊した。今後も、エンタテインメントビジネスに関わるタイトルを毎月刊行する。

 ウェブでの展開は、無料の情報サイトとなる。エンタテインメントビジネスの最新情報を幅広いユーザーに届ける。エンターブレインは、これまでファミ通のウェブサイト、雑誌でコンシュマー向けの情報を、「f‐ism.net」では有料で法人向けのゲームマーケティング情報を提供してきた。
 「ビジネスファミ通」は、このふたつの層をカバーして、無料で情報を届けるものになる。エンタテイメントは新ブランドの展開で、エンタテイメント総合ウェブサービスの充実と、利用者増を目指すとしている。

 スタート当初は、ゲームソフト販売ランキングや市場トピックを掲載している。また、海外動向やビジネス分析のコラムを月に1回から2回掲載するとしている。さらに、ゲームなどの分野に詳しいジャーナリスト・専門家によるブログを展開する。現在は、ゲーム分野で新清士さん、中村彰憲さん、オンライン分野で津田大介さん、モバイル分野で佐野正弘さんが登場している。
 国外では映画、ゲーム、音楽、アニメーション、テレビなど、エンタテイメント分野のビジネス雑誌やウェブは珍しくない。しかし、国内では未開拓領域が多い。そうした市場の可能性に目をつけた展開とみられる。

『ビジネスファミ通』 http://www.famitsu.com/biz/
開始日: 2010年12月20日
利用料金: 無料

エンターブレイン http://www.enterbrain.co.jp/