講談社 Tokyopopとのマンガ翻訳出版ライセンス契約全面終了

 北米のマンガ情報の有力ブログであるMANGA BLOGによれば、講談社はTokyopopとの北米でのマンガ翻訳出版のライセンス契約を全て終了した。MANGA BLOG は、Tokyopopからの公式発表と伴に伝えている。
 Tokyopopによれば、講談社は『ちょびっツ』などCLAMP作品、『ラブひな』、『頭文字D』など同社がTokyopopと契約していた全ての作品の翻訳出版ライセンス契約を更新しない決定をした。これによりTokyopopは既刊の増刷だけでなく、現在刊行中の作品についても続刊の発売を行えなくなる。講談社の決定の理由については、明らかでないとしている。

 講談社は既に昨年12月に、Tokyopopのドイツ法人がヨーロッパで展開していた『Beck』や『School Rumble』などのマンガ翻訳出版ライセンスの契約更新を行っていない。このため今回の北米での決定も、契約終了を待った規定路線とみられる。
 今回の北米での契約終了で、講談社とTokyopopのビジネス関係はヨーロッパに続いて、北米でも途切れることになる。
 
 講談社は昨年、北米市場で自社による翻訳出版・販売を発表している。しかし、一方で依然、デル・レイやダークホースといった中堅出版社とのライセンス契約は、新規も含めて続いている。
 今回の決定は講談社の北米市場への直接進出のためというよりも、取引会社の絞込みが大きな理由とみられる。

 今回の講談社の決定は、Tokyopopにとっては厳しいものになりそうだ。日本マンガの北米普及に大きな役割を果たしてきたTokyopopは、かつて北米の日本マンガ市場で過半数を大きく超えるシェアを獲得していた。
 しかし、2005年に小プロ(USA)とVIZ.LLCが合併し、VIZメディア誕生する頃からその勢いに翳りが見え始めている。VIZメディアが小学館と集英社の翻訳出版を独占するようになり、市場での勢いを増している。講談社も人気タイトルについては、デル・レイにライセンスを販売するようになった。

 こうした出版社以外のタイトルについても出版社とライセンサーが固定化する傾向が強まった。人気作品のライセンス獲得競争が激化している。
 このためTokyopopは、初期に契約した作品の続巻発売を大きな収益源としていた。しかし、Tokyopopが発売する大ベストセラー『フルーツバスケット』は、今年最終巻を迎えている。さらに、初期に契約した人気タイトルには講談社からのものが多く、今回はその全てを失うことで翻訳出版事業は大きく後退することになる。
 今後は、現在Tokyopop独自のビジネスである米国の人気映画をフィルムブック風に編集するシネ・ブックの収益や、同社が大きな力を入れるマンガの映像化などのメディア事業での収益化が鍵になる。さらに、現在は、大きくビジネスを縮小している米国産マンガの展開がどうなるかも注目である。

Tokyopop  http://www.tokyopop.com/
講談社 http://www.kodansha.co.jp/

MANGA Blog  http://www.mangablog.net