初音ミク 初のベストアルバム2枚がオリコン4位、5位スタート

BLH1_impacts
(c) Crypton Future Media, Inc. ALL RIGHTS RESERVED

  8月26日に発売された初音ミクの初アルバム「初音ミクベスト~impacts~」と「初音ミクベスト~memories~」が、好調なスタートを切った。9月1日に発表された9月7日付オリコンウィークリーチャートで、それぞれ4位と5位につけた。

 これまでにも初音ミク関連の曲では、今年7月に相次いで発売された初音ミク-Project DIVA-Original が初登場16位、One Room feat.初音ミク「TOYBOX」が初登場21位、EXIT TRANCE PRESENTS SPEEDアニメトランスBEST7が初登場24位などの勢いを見せていた。 

 今回は満を持しての初音ミク自身のアルバムとしての発売で、2タイトル同時リリースにも関わらず、共にオリコンチャートのベスト5に入った。オリコンチャート4位は、今年3月4日に発売されたsupercell feat.初音ミクによる「supercell」に並ぶ、ミク関連の楽曲では過去最高となる。 
 ネットだけに止まらないボーカロイドアイドルの人気の大きさを見せつけたかたちだ。初音ミクは8月22日にはさいたまスーパーアリーナで開かれた「Animelo Summer Live 2009-RE:BRIDGE-」で初のライブパフォーマンス披露したばかり、今後の活躍の場はさらに広がりそうだ。  

 「初音ミクベスト」はこれまで様々なアーティストにより発表されてきたミクによる話題の楽曲を一同に集めたもの。動画投稿サイトからネットカルチャー全体に広がり一大トレンドになった初音ミクの2年間の軌跡を追う。
 「impact」「memories」をテーマに異なったテーストでまとめ、それぞれ税込み2500円となっている。